This Archive : 2008年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.30 *Tue

プランニングとコスト

スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.29 *Mon

案ずるよりも

広島ではサンフのJ2の記録的ぶっちぎり優勝とカープのCSに向けての
戦いや公式戦ラスト市民球場で盛り上がりましたが、そのあいだも
All for Hiroshimaの実働部隊は地道に署名活動を続けてくれています。
それぞれいろんな思いをもちながらもそれぞれのスタンスで取り組む
それでいいと思います。次の湘南戦でBAに駆けつけ署名していただくのも
市へのパブリックコメントに投稿していただくのも、中国新聞に投稿していただくのも、
マスコミ関係者がテレビカメラの前でコメントしていただくのも、
我らが寿人がサッカー専門誌のインタビューの中で專スタにふれるのも
等しく前進への推進力です。

2chへの投稿も、大きな力になりうるなと思ったのが、先日投稿された
この画像です。

1222320805.jpg


うわ、なんじゃこの説得力は。。。と脱帽しました。この画像はその説得力
だけでなく、カープが日本シリーズに行かない限りこのアングルの写真は
そう簡単にはとれないという意味でも貴重です。

このアングルを使って自分の案のスケッチはできないだろうか、
今日、ちょっと時間ができたので、急に思い立ち、カフェで、持ち合わせの
筆記用具で手帳の空きページにスケッチを書き始めたのですが。。。

思い出しました、自分がスケッチへたくそなことを(´・ω・`)
その上スタジアムは形が曲線、自分の技量のなさに嫌気がでます。
まあそうはいっても一応書き上げてみれば、アングルがいいので
それなりに雰囲気はわかるかなと、いうことで、恥を忍んで
アップすることにしました。うわーはずかし。。。

スケッチ


内野席のみを保存、バックスタンドは芝生席で、そのうしろにチラ見が
できる芝生のプロムナード、ここは盛り土でいまの地盤面より6mほど
上げます。その後ろには高さを抑えた長屋的な商工会議所や平和関連
施設、高さは20m以下で曲線の勾配屋根、その向こうに本川が見え
開放的なスタジアムとします。アウェイ側は仮設仕様のスタンド。

こうやってみると閉鎖的でないスタジアムも可能だといえないでしょうか。
CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.28 *Sun

さあ、胸を張ってJ1の舞台へ!

祝J2優勝!!

この速さでの優勝決定は、誇りに思っていいと思います。
ただ、J2の優勝はあくまで通過点。いや、回り道といっても
いいでしょう。我々のいるべき場所はここではない。
胸を張ってJ1の舞台で旋風をまち、まち、巻き起こしましょうw

カープもCSに向かってがんばっています。
広島の街は盛り上がっているようですね。
今日実家に電話をし、母から、広島の熱気を聴きました。
正直うらやましい!仕事うっちゃって実家に戻りたい!

しかし、自分は自分のやれることをやるしかないので
来週からまた、いろいろ検証活動を再開しようと思います。
広島の街の真ん中に永久にスポーツの熱気があらんことを願って。。。
CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.25 *Thu

2008 Thanks For All

まずは、
サンフレッチェJ1復帰おめでとうございます!
実は、この5日ほど遅い夏休みで海外逃亡しておりまして
本日成田で、J1復帰を知りました。
横浜FCに引き分けたところまでは知っていたので、正直
今節での復帰はないかなと思っていたんですが、星の巡り会わせで
復帰ということで、いま慌てていろんな記事やら2chやらブログやらを
巡回してこの時間になりました。

しかし、昨年冬、槙野のオーバーヘッドのあと頭を抱えたあの瞬間から
こんなに早く復帰を決めてくれた選手、監督(自分の評価は微妙ですが)
そしてスタッフ・フロントの皆様、そしてサポーターの皆さんに感謝感謝です。
来年はJ1でサンフが見れる。関東でたくさん見れる。近所の等々力で見れる。
それがうれしい。本当にうれしい。
サンフレッチェ?たしか2部でしょ、と言われない。
それがうれしい。本当にうれしい。

そして復帰試合のBA、19000人強でパンクしかけるBA、
スタジアムDJの声が3秒遅れで跳ね返り、キャプテンの
復帰宣言を噛ませるwBA、来年はREDSがまたくるぞ、
天皇杯勝ってACLになったら、大丈夫か(まだ早い)
いろいろ心配させるBA。。。

クラブは、チームは最低限のハードルはクリアしてくれました。
われらがキャプテン寿人は、今後メディアに対応するたびに
専用スタジアムが欲しいとアピールしてくれるでしょう。
最高のアシストを今後もしてくれるはず。
最後シュートを決めるのは僕らです。

まずは10月10日まで、市のパブリックコメントへの投稿
よろしくお願いします!
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.19 *Fri

パブリックコメントテンプレ3

6.そもそも市民球場解体の必然性の根拠は?

たたき台を拝見いたしましたが、なぜ市民球場解体が前提条件と
なっているのでしょうか。老朽化が進んでいるから、といわれて
いますが、具体的になにがどのように老朽化しているのでしょうか。
設備の老朽化であれば、設備更新で対応できるでしょう。
(そもそも球場に求められる設備は多くはありません)。構造的
耐久性の問題なのでしょうか、そうであれば耐震診断の結果を
ご提示していただきたいと思います。内野2階スタンドは新耐震基準と
聞いていますし、1階スタンドはわりと壁量が確保できていて一次診断
でもどの程度の耐震補強が必要かはすぐにわかるはずです。
それらの構造・設備の更新コストや、その後のランニングコスト
と取り壊して公園とにぎわい施設を新築する場合の取り壊しコスト
+新築コストを比較した上でどれだけ新築のほうがコスト的メリットが
あるのかご提示いただけないでしょうか。市民球場を部分的にでも
保存する案でもいい案は公募案にいくつかあったと記憶しています。
市民の愛着が深い市民球場ですから、簡単に解体という方向に進む
のではなく、保存活用も含めてもう一度どれが一番市民の望む
形なのかを検討したほうがよいのではないかと思います。 500字



7.解体・新築をメーンとした計画は環境にやさしくないのでは?

たたき台を見て感じたことは、この時勢においてヒロシマが
アピールできる計画なのかどうかという疑問でした。
現在は非常に建材コストをはじめとして全てのコストが上がって
いる状況です。そのなかで、非常に環境的にも負荷がかかる既存の
球場の取り壊しというメニューをあえて選ぶことで、ヒロシマは何を
アピールできるのでしょうか。コンクリートのゴミはどこに行くので
しょうか。賑わい施設の新設にしてもCO2負荷はかかります。
そうしてできる公園で平和を叫ぶことに、なにか違和感を
感じないでしょうか。新しいものがすべてよいわけではないと
思います。古いものをうまく改修しあらたな用途を付加し再生する
コンバージョンという手法がヨーロッパでは主流になっています。
古いスタジアムもうまく再生利用している例も少なくはありません。
広島は平和にも地球環境にも意識の高い都市であるとアピール
できる最高のチャンスなのではないでしょうか。是非新築だけで
なく、市民の想いのたくさん詰まった市民球場を環境的側面で再生する
方法もご検討いただきたいと存じます。

451字



うーーーん、70分かかりましたが、
とにかくこれらを参考に一人でも多くのひとが市に
コメントを届けられることを期待します。
締め切りは10月10日ですよ。
CATEGORY : コラム | THEME : スポーツ全般 | GENRE : スポーツ

2008.09.19 *Fri

パブリックコメントテンプレ2

3.賑わいゾーンがすでに平和公園からの景観を阻害するのでは?

たたき台の中では公園ゾーンの横ににぎわいゾーンが配置され、
そこの用途にはレストハウス劇場・平和祈念施設(折鶴ミュージアム)
・アニメーションライブラリーに商工会議所施設と盛りだくさんですが、
何mの建物を計画しようとされていますでしょうか、平和公園側から
原爆ドームを望むと現商工会議所施設がかなり目だって見えますが、
メルパルクのビルもかなりの大きさで見えているのがわかります。
相生通りからのバッファーゾーンの向こう側としてもこれだけの施設を
詰め込んだおそらくメルパルク並みの高さのビル30m級の建物が
建つことは景観的に問題はないのでしょうか。劇場は劇団四季の
専用劇場を考えておられるとお聞きしていますが、劇団四季の劇場の
セットは大型で、専用劇場ではステージ部の高さは25mをゆうに
こえるものになるのではないでしょうか。そもそもそのような建物
を計画することはもともとの景観配慮からはじまった跡地の計画の
骨子に反するのではないでしょうか。これならばまだ既存の市民球場を
残して有効活用したほうが景観的にもよいのではないかと感じます。
もともと今の市民球場で全く景観的には問題なかったのですから。 486字



4.劇場機能がこの地に必要か?

たたき台の中で一番気になったのは劇場の誘致です。これは商工会議所の
案と聞いていますが劇団四季の専用劇場を想定しているとききました。
確かに劇団四季のセットは大掛かりで通常の汎用性をもたせたホールでは
縛りも多く、そのため各地に四季の専用劇場が建てられているとも
聞いています。ただし福岡の専用劇場は集客率が下がり赤字となり
存続が危ぶまれているとききますし、四季自体の規模としても地方都市に
これだけ専用劇場を作って興行できるほどのキャパシティー及び
クォリティーが保てるのか、いざとなって四季にそっぽを向かれたら
どのように収支を安定させるのでしょうか。また広島市内には
他にも厚生年金会館、アルソックホールなど、同様の演劇の
可能なホールが複数以上あります。そしてそれらの稼働率は
まだまだ低く、そして経営は非常に厳しい状態と聞きます。
これらのホールに対し決定的な影響を及ぼさないのかが心配です。
専用劇場を作るなら、これらのホールのどれかを専用劇場に
改修するほうが、影響も投資コストも少なくてすむのではないで
しょうか。ご検討いただきたく存じます。 465字



5.商工会議所は他の地へ移転できないのか

今回のたたき台は商工会議所から提示された案と聞いています。
当初の市の募集した跡地利用コンペについては各提案者とも
既存商工会議所の扱いに関して苦心をしたと思います。多分この
建物が動けばもっといい案を作れたのにと思う提案者もいたのでは
ないでしょうか。それがこのコンペ終了後にあとだしじゃんけんのように、
自分たちの建物を動かして、もっと紙屋町側のいい場所に動くという
案をだすのは、コンペ参加者にも市民にもちょっと失礼ではないかと
思うのですがいかがでしょうか。商工会議所を動かすことができるのなら、
その案で再度平等な条件でコンペをやり直すのがよいのではないでしょうか。
さらにいうならば商工会議所も基本的には公共性の高い団体と
考えていますし、特にこの都心の一等地になければならないという
ものではないかと思われます。商工会議所が他の場所に
動いてくれるのならば、市民球場を今の場所に残して、市民の
スポーツ広場なり、野外演劇場なり、サッカー場なりの賑わい施設と
するほうが景観・コスト・環境の全てにやさしい計画となると
思うのですが。少なくとも同じ条件で再度どれがいいのか検討を
する時間をほしいと思います。 493字


CATEGORY : コラム | THEME : スポーツ全般 | GENRE : スポーツ

2008.09.19 *Fri

パブリックコメントテンプレ

島市は、明日16日より現球場跡地利用の基本方針(たたき台)について、

市民をはじめ関係各方面から幅広くご意見をお聴きします。

http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1137054279371/index.html 

市民意見募集期間:平成20年(2008年)9月16日(火)~10月10日(金)

意見提出方法:郵送、FAX、メール、電話等




えっと、突っ込みどころ満載なこの企画。

しかも募集期間短っ!ということで、
いつもの妄想スタジアム案説明は中断し
どういう突っ込みをしようか、考察いたします。

突っ込みどころ大きくまとめて箇条書きすると、

1.景観の保護と公園にする論理はどうつながるのか
2.公園の連続性の必要性とは
3.賑わいゾーンがすでに平和公園からの景観を阻害するのでは?
4.劇場機能がこの地に必要か?
5.商工会議所は他の地へ移転できないのか
6.そもそも市民球場解体の必然性の根拠は?
7.解体・新築をメーンとした計画は環境にやさしくないのでは?

これらの各突っ込みどころについて500字のコメントの
テンプレを作ろうと思います。

さあ、1時間で500字x7案できるかな?

1.景観の保護と公園にする論理はどうつながるのか

たたき台案を拝見いたしました。その中で理解しかねる点と
してはどうして公園がメインとされているのかということです。
平和公園があり中央公園があり河岸の親水ゾーンも含め
公園的な要素は既に満ち足りているのではないでしょうか。
新たにあの市民球場の代わりにできる施設が公園では
いかににぎわい施設を併設したとしても若干空虚な気持ち
になるのは否めませんわれわれ市民は静かな祈りの空間
だけでなくあの場所に復興の思いをこめてカープを応援した
あの日々を忘れることはできません跡地事業の選考委員会
は広島の地元の意見を本当に汲んで頂けたのでしょうか、
きれいな公園にすることがふさわしいとの審査方針は
どこかきれいごとのように聞こえてなりません。少なくとも
私はあの場所にはカープに匹敵する、われわれ市民を
鼓舞し、引っ張っていくようなシンボルがほしいのです。
それが何かはすぐには想像できませんが、お仕着せの
公園ではないことは間違いありません。20m以下の建物
であれば景観の阻害にはなりません。現存の市民球場を
うまく改修して賑わいの場所にする方法ないでしょうか。
再度ご検討頂けるように要望いたします。 485字

2.公園の連続性の必要性とは

たたき台案を見て考えたことは公園が連続する必要が
はたしてあるのかということです。平和公園及び中央公園を
復興時期に計画した丹下健三先生の案では相生通りの北側は
スポーツ施設や文化施設を配置した人の集まるゾーンとなっていた
はずです。平和公園と中央公園を公園で結んだとしてそこに
人の流れが誘発できるのでしょうか。人の流れはその先に
目的が発生してはじめて流れとなるのではないかと思います。
その流れは公園だけでなくその他の魅力的な施設と連関して
はじめて発生するものではないでしょうか。敷地の紙屋町側を
賑わいのゾーンとし、本川側を公園ゾーンとするだけの今回の
ゾーニングではそこに動きが発生するとはとてもではないですが
考えにくいです。あれだけのファンを集めた市民球場の跡地
だからこそ、そこに人が集う仕掛けをもと真剣に討論するべき
ではないでしょうか。市の案はコストを抑えることだけに留意しすぎて
本当の市民のニーズをつかめていないような気がします。
市民が何を望んでいるのかに再度耳を傾けてから計画を進めても
遅くはないのではないかと思いますがいかがでしょうか。 471字


CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.17 *Wed

携帯から投稿テスト

今朝、いつものようにサンフレッチェの関連サイトを
チェックしようと、愛用しているさっかりんをあけたら
びっくり!
このBLOGが掲載されているじゃないですか。
登録制だと思ってたんですが、他薦も可だったんですね。
どなたか解りませんがご登録ありがとうございます。
いつも愛用しているポータルに自分の文章が載るのは
光栄の至りです。ただちょっとこっぱずかしいですが。

あと、更新を怠ると沈むのでなんかプチプレッシャーも
感じ、帰宅時間に携帯からでもプチコラムくらい書こうか
と、設定を変えてみました。

まずはさっかりんの皆様にご挨拶を。

スタ熊と申します。
All For Hiroshimaをサポートのほど
よろしくお願いいたします。
CATEGORY : 未分類

2008.09.16 *Tue

改修案考察3

また、更新が若干滞ってしまっていました。
実業のほうが多忙を極めておりまして、ようやく
時間が取れるようになったので、再開です。

各方面の意見をお聞きしてつくった最初の改修案です。
球場跡地案1

前項にも申しましたように、外野スタンド、特に
カープファンの思い入れの大きいライトスタンドを
メモリアルスタンドとして残し、試合前のイベント等に
利用するという案です。これは私のオリジナル案ではなく
AFHのメンバーの方の案だと聞いております。
AFHはサッカースタジアムのことだけでなくカープファンの
気持ちの部分も考えて行動されています。

外野スタンドを撤去した後は仮設仕様の常設スタンドを
イメージしております。通常1週間いくらとか1ヶ月いくらかで
リースされる鉄骨スタンドを買取で設置する案でえいやで
コストを入れています。

内野スタンドの改修費はこの当時はまだコスト感覚がつかめず
某市議会議員のサイトなどを参考に椅子の付け替えで3億
設備改修で3億(改修対象3000坪の坪10万程度)で考え
それに一部の内装改修を見込み7億から10億と試算していました。
いまから考えると3000坪の坪10万は、球場という性格上
設備が軽いことを考えると見すぎだったと考えています。
スタンドの雨水排水、WC・店舗の汚水排水、一部諸室の空調
あと、コンコースの照明を考えると、坪5万の1.5億が妥当かなと
考えています。コンコースの出店にかかる内装・設備工事は
テナント工事で別途工事という考えです。

この案では、まだバス駐車場の整備や正面側の外構植栽等の
環境整備費まで一応いれています。
これに対し、AFHとの話し合いで、もっとできるだけイニシャルを
抑える必要を感じました。とにかくこの案は最初の段階での
コスト調達の面まで現実的に考える必要があります。
できる限りのコストは抑える方向で検討するべきだと考えました、
目標は10億!この金額であれば、市との折半となっても、
100%民間資金となってもなんとかペイできそうな金額です。
ただし、このコストダウンは「夢」はありません。とにかく現実と
向き合いながらひたすら削れるところを探していく。

そして、そのころ構想委員会さんからJリーグの施設基準を教えて
いただきました。さすがに今の市民球場の諸室を改修なしで、
J基準にそろえるわけにはいきません。そのコストも入れなければいけない。
こんなんで、できあがったら、サポのひとたちから「ボロいなあ」
「もうちょっと何とかならなかったの?」といわれそうなレベルにならないか?
自問自答をしながら作った案を事項でご説明します。







CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.06 *Sat

改修案考察2

増築により、確認申請が必要になり、新耐震基準への
耐震補強が必要になる、と書きましたが、今回は
既存フィールドにJ基準フィールドが収まらないので
どこか、スタンドを解体するということになります。

内野席にはダグアウトなどが絡んでおり、これらは
改修後も必要施設のために残さなければならない
と考えます。すると、部分解体をするのは外野席
がよいでしょう。

AFHの方々もそのような考え方から始められたようです。
こちらが1484氏のサイトに上がったレイアウト案

普通に考えると部分解体であれば
増築ではないのだから確認申請は不要、耐震改修も
不要、と考えたくなります。

しかし、現実的には部分解体は「負(マイナス)の増築」
とみなされ、確認申請が必要と判断されるようになってきています。
これは姉歯事件のあとでの建築法規の厳格適用化の動きの
中で、役所や審査機関が強く言ってくるようになってきています。

確かに冷静に考えると下図のように部分解体によって
不安定になる構造もあるので、この指導は妥当なものと考えます。

○---○     ○---○
|   |     |   |  
|   |   → |   |
|   |     |  ■■←ここを部分解体すると
○---○     ○--■■ 全体が不安定になる

明らかにここを解体しても全体には影響は及ばないと
思われる箇所もあります。でも、法令的にはそれでも
構造遡及がかかり、耐震性のチェックが必要となるのです。

ただ、スタンドという構造は大体2階建てで2階が露天の観客席
ですから、構造的にはその部分の現実的な荷重を加算した
総荷重に対して保有水平耐力が持てばいいわけです。
スタンドの構造が傾斜式になっているので、力の流れも
高い外部の開放部より低い内部側に流れそうですし、結構
耐力壁に扱うことができる内部壁も多いので、実際に
計算をすると、そんなに大きな耐震補強にならない可能性も
あります。(基礎がしっかりしている前提ですが。基礎が
ぎりぎりであれば、基礎から補強する必要が生じ、補強の
ために既存を解体しなければならない部分も増え、コストが
大幅にアップしてしまうことになります。)

ということで、「耐震診断」をしない限りは、耐震改修コストは
本当に想定することが難しいものになるのです。
公共建築物ですし、あれだけ既存利用案も含めて論議を
してきた市民球場ですから耐震診断をしていないというのは
にわかに信じがたいのですが、今のところネット上ではまったく
ひっかかりませんでした。(私の探し方が悪いのかも)

外野の一部を撤去するというのは、ナゴヤ球場でも行われています。
ここでは、2軍本拠地として使うにあたって、ナゴヤドームと同じ
フィールドの大きさを確保するために外野席を一部削っていますが、
現在外野席は利用されていません。立ち入り禁止なようです。
やはり部分解体したスタンドの利用に問題が生じたのではないか
と想像します。

そこで、私の案は、外野席だけは解体してしまう、という考え方
から始めました。幸い外野席と内野席は構造上切れているようなので
外野の解体は内野に影響は与えないと思われます。

そしてこの案について予報士さんや構想委員会さんと意見交換
するなかで、外野スタンドの全部は難しくても一部は保存したい。
メモリアルスタンドとして、いまの私設応援団が陣取るライトスタンドを
例えば試合前のイベントを開催する広場の一部とするとか、そのような
用途のメモリアルスタンドとして。その程度なら何とか耐震改修する
方向で取り込めるのではないかと想定しました。

次の項で、実際それで作ったプランをご説明します。



CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.05 *Fri

改修案考察1

市民球場跡地專スタプロジェクトで立ち上がったと思われた
All For Hiroshimaプロジェクトは次第に現実性を追求する
中で市民球場保存改修利用プロジェクトであることが
予報士さんやDJさんのブログで明らかになってきました。
確かに実現できれば、解体費も削減でき、イニシャルコストも
抑えられるため、市を説得できるかはおいておいて、市民の
理解は得られやすいコンセプトです。
まずはこの方向性について検討をしてみました
「既存の市民球場のフィールドにJ基準のサッカー
 フィールドが入るか」

J基準のサッカーフィールドは105m×68m
結論としては、入りません。どちらに向けても入りません。

選択肢は
1.フィールドの広さはJ基準の中でも必須条件では
  ないためなんとかちょい狭のフィールドでJに
  認めてもらう。
2.スタンドの一部を取り壊して、J基準のフィールドを
  確保する。
のどちらかです。
一見すると明らかに2が答えだとだれでも思うでしょう。
しかし、2には大きな壁が立ちはだかっています。
建築基準法という大きな壁。
これを説明するには日本の耐震基準から説明する必要があります。
小難しい話ですが、ご拝聴ください。

日本は地震国です。地震が多いため欧米各国に比べ
建築の耐震基準が厳しいのはよく知られた話です。
しかし、現存する建物には二つの耐震基準が存在します。
それは「昭和56年以前の旧耐震基準」と「昭和56年以降の新耐震基準」です。
旧耐震基準でつくられた建物は今の法規には合致していません。
新耐震基準では震度6強の地震でも倒壊しない設計ですが
旧耐震では倒壊の恐れがあります。そこで公共性の高い建物(小学校等)は
新耐震基準に合致させるために耐震補強をしています。

このように旧耐震の建物は現状法規に合致していないのですが、即補強を
しなければいけないわけでは有りません。既存不適格といって、建てた後で
法規が変わったものについては、新たに確認申請が発生しない限りそのまま
使い続けることができます。このように既存不適格のままたっている建物は
日本中にたくさんあります。

市民球場はどうでしょうか。内野の2階席は新耐震基準で建てられました。
しかし内野1階席は2階と構造が切り離されており、旧耐震基準です。
外野席も旧耐震基準です。増築など確認申請が発生する建設行為が
でてきたら、即耐震補強が必要になってしまうわけです。




CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.04 *Thu

SUSTAINABILITYについて

SUSTAINABILITY:日本語では持続可能性といいます。
もっと噛み砕くと持続的に発展していく可能性、方法論です。
アメリカではLOHASというスタイルがトレンドになっていますが
これもLife of Health and Sustainabilityの略で、
健康と持続可能性の生活、と訳すのでしょうか。
ヨーロッパのエコロジー志向が地球環境というマクロな視点
なのに対し、アメリカ人の現実的思考は同じテーマも
人間や企業への具体的な効果を視点にして組み立てている
ところが面白いです。

Sustainabilityは環境面や資源面で語られることが多いですが
文化面でも経済面でも当てはまることです。
ましてや平和のSustainabilityはこれから人類がもっとも
意識していかなければいけないテーマでしょう。

そして今回のAFH、平和と復興のシンボルとしての球場保存が
ひいてはそこに作られる新たな施設の工事によってもたらされる
CO2消費や解体による廃棄物の発生という環境側面を解決できる
国内に例を見ない新たな試みとなると思っています。

しかし、この計画を、球場を保存し、改修し、専スタにしました、まる
で片付けてはやはり市民の心がこちらを向いてくれないと思うのです。
この混沌の時代、5年後10年後の志向もわからない時代、だからこそ
最小限の投資での現状での最高の効果のポイントを見極め、
ロードマップ的に持続していく、それはサンフレッチェというクラブの存続性
サッカー試合という興行の持続性ではなく、この大事な場所をこれからも
ヒロシマの中心として、空虚な緑地でなく、さまざまなニーズに関連し合い
様々な文化形態にリンクし続け、「広島ならではのランドマーク」に
なり続ける施設にコンバートしていくマスタープランが必要だと
考えています。

私はその中心に「SUSTAINABLE・SUSTAINABILITY」という言葉を
おきたいと思っています。いつまでも広島を愛し続けたいから。


CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.09.03 *Wed

市民球場跡地考察

All For Hiroshimaプロジェクトがスタートし、しばらくはそのプロジェクトが
「広島に専用スタジアムを」という題目であったため、私も特に
市民球場跡地のみにフォーカスして考えてはいませんでした。
当時はやはり中央公園派であったと思います。

それが徐々に市民球場跡地という話が予報士さんのBlog等で出てきて
2ch等でも是非について論議され始めた頃、私もはじめて跡地の
公募案とその審査結果に目を通しました。その中で一番気になったのは
原爆ドーム周りの景観や周回性を損なうという理由での専用スタジアム
却下の判断でした。

確かにケルンの大聖堂は後背地に建った高層ビルのために危機遺産に
指定されました。しかしそれはもともとの世界遺産の指定理由の中に
歴史的区域の景観保存があった為と聞いています。
原爆ドームは世界に数少ない「負の遺産」です。その周りが公園他
背の低い建物や木々で覆われていなければならないというのは
どういう根拠なのでしょうか。広島市民はこの負の遺産を平和のシンボルに
そしてその後ろにある市民球場を復興のシンボルにしてここまできたのです。
商業施設なら問題があると思いますが、スポーツ施設であれば、そんなに
問題になるとは思えません。回遊性にも全く根拠がないと感じました。

でも、そこまでいうんなら、今の市民球場と同じくらいの高さなら問題ない
だろう。ちょっと位フィールドを掘り込めばできるんじゃないか?
そう思い、会社の残業時間にこそこそとプランニングを検討し始めました。
画像1

画像2

画像3
(wikiの管理人さん、まとめご苦労様です。)

ポイントは以下の点です。
1.とにかく平和公園・原爆ドームからの景観に配慮しスタンドの高さを計画
2.平和公園-原爆ドームの軸線からはスタジアムをはずし、軸線上は
  みどりのプロムナードにする
3.相生通り側もセットバックし、緑化することによりスタンドのボリュームは
  木々の中に隠れるようにする
4.わざとアクセスしやすい南側をアウェイシートとしグリーンアリーナ側を
  ホームとすることによりアウェイ客と平和公園のアクセス、ホーム客と
  グリーンアリーナの関係を強くすることによるTOPS事業の推進を考慮する
5.相生通り側に平和施設(記念館を想定)を併設するスペースも確保可

としたところです。

公開後いろいろな意見をいただき、ハノーバー広場や武道場などとの関係を
見直し、断面検討を始めたときに問題が発覚しました。
とある筋からボーリングデータを入手し地下水位を確認したところ、地下2m
程度で水がでてしまうということでした。この地下水はその後の情報収集で
塩分を0.7%程度含む水だということもわかりました。
芝生に塩水は大敵です。そもそも天然芝のフィールドの地下にはちゃんとした
排水機能を持った地盤が必要で、1mは必要、その下に塩水の層がきたら
間違いなく水が上がってきてしまい、芝生の生育に影響をきたします。
2mは限界というのがわかり、現状地盤よりフィールドを下げられないことが
わかりました。

さらにKOP先生のサイトで市民球場周りの地下インフラの図面(市で公開していた
資料)が出てきましてさらに頭を痛めることになります。
画像4

KOP先生のおっしゃるとおり、これはまさに「満貫縛り」
相当難儀な立地だということがこの辺でわかり始めました。
でも、なんというか、逆にやる気が出てきたのです。やったろやないかい!と。
ここから、残業の毎日がはじまりました。仕事は9時まで。
9時から11時までをAFH勝手計画タイムとしていろいろ考えることにしたのです。

このときに特に考えたのは、「成長持続可能」という意味の「SUSTINABLE」という
コンセプトです。球場跡地を緩やかに専用スタジアムに変えていく、初期投資も
無理をせず、何度もパーシャルオープンをすることにより、いつまでも市民の関心を
この計画に向ける。そしてその間にこの街区の周辺環境と様々な形でコネクションを
つくって、周辺の発展にも寄与する触媒とする。巨大プロジェクトに巨額投資をし
当たるも八卦当たらぬも八卦の箱物を作るのではなく、「この地はスポーツの地」という
基本コンセプトを元に緩やかにしかし着実に連続して変身させていく。
その仮定で市民の声で残したいものは残し、取り込みたいものは取り込み
そういう過程を経ることによってはじめて、あの広島市民にとって大きな意味を
持っていた広島市民球場・広島カープという存在に比肩しうるコンテンツを広島市民は
獲得できるのではないか、そういう想いでした。




CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



09
--
1
2
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
20
21
22
23
24
26
27
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。