This Archive : 2008年12月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.31 *Wed

2008年を振り返り

2008last

球場視察の記録を年内にと思ったんですが
なんだかんだと時間をとられ大晦日になってしまいました。
一応冬休み中にやるということに下方修正。

大晦日なので2008年の振り返り。

とにもかくにもAll For Hiroshimaとの出会いが全てといって
過言ではないでしょう。
はじめにKOPさんの専用スタジアム構想委員会と出会い
なんとなく本スレに書き込んだレスからこんな風になって
ブログなんて何度もトライしてまともに続いたこともなかったのに
こうやって著名なブロガーのみなさんと肩を並べて
さっかりんに名前を連ねるなんてまったく想像していませんでした。

とにかくAll For Hiroshimaについては
1.広島のみんなの情熱がすごい
2.KOPさんの構想力がすごい
3.後から加わった皆さんの行動力がすごい
ということで、まあ、私の描いた絵はほんと、その
ちょっとした手助けに過ぎないと思っています。

しかしそれでも、賛同してくれる人がいて
情熱的に粘り強く普及宣伝活動してくれる人がいて
卓越した知識力でリサーチをしてくれる人がいて
その中で、凝り固まっていたはずの現行プランが
風向きも変わり、緩んできそうな予感があります。

市の計画発表延期も報道による理由だけではないでしょう。
そして、県サッカー連盟が動き始めてくれました。
クラブのほうもこちらを向いてくれ始めています。
(そうでもなければ、サポカンで名指しで言及してはくれません)
ロビー活動も着実に結実し始めており2月議会は大きな山場に
なりそうです。
また他方で市への「太陽政策」的な動きもでているそうです。
どちらにしても、この激変した不況の時代に、何ができるか
冷静に議論をしたとき、そこに最終的に残る案は絶対に
現球場を取り壊すという結論ではないことは断言できます。

とにかく議論のテーブルに持ち込んでもらうこと、
そこを今は広島のスタッフががんばってくれています。
あとは、議論のテーブルについたときに以下の項目について
答えを用意しておくこと、これが後方支援部隊の役割と
考えています。

1.専用スタジアムとしたときの収支予測(クラブ・市)の詳細検討
2.回遊性に対する回答としての「PeaceHill」のビジュアル化
3.稼働率への回答としての有効活用企画案

1.は広島で専門知識のある人にまとめていただく方向です
2.は責任を持って私がやります。

で、3.について、このサイトをごらん頂いている皆さんも含めて
みんなで考えていきたいのです。案はあればあるほどいい。
市民をあきさせない企画を3年分蓄積しておけば文句はないはずです。

とにかく来年の前半が本当の正念場になりそうです。
皆様、来年もよろしくおねがいいたします。



スポンサーサイト
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.12.24 *Wed

市民球場視察記録

今年のことは今年のうちにおさらいをしておいたほうがよいですよね。
ということで、11月に市民球場を視察したときの写真を見ながら
市民球場の現状についておさらいをしておきたいと思います。

kyuujyou1

見学の日は翌日がファン感謝デーということで、観光客の皆さんが
結構見学に来ていました。まだまだ使えるんじゃない?というこえも
結構聞こえていました。

やはり一番の注目点は、「まだ使える状態か?」ということです。
特に注視したのは、構造と防水です。

防水については、雨漏れがひどく、修理に膨大なお金がかかる
ということで、確認に行きました。

yuka1

この部分は、内野スタンドの通路になります。
グレーの床は、防水材を施工しているところです。おそらく創建当初は
防水はなかったのでしょうが、雨漏れが起こると言うことであとから
防水床材を張ったのではないかと想像できます。そしてこの防水は
すべての部分に施工されてはいません。

yuka2

この部分はタイル床になっていて、防水はなされていないようです。
また、防水をしている部分もあとから何らかの理由ではがれたと
思われるスポットが多数ありました。防水床材はその材質によっては
火に弱い材料もあります。タバコの吸殻の焦げ目から破れたのでは?
と思しき部分もありました。

ただ、これらの部分はほぼすべて、スタンドの上から見ていけば、
どこがダメージを受けているかはわかりやすいので、どの程度の
防水をやり変えなければいけないかは、まじめに見積もれば
積算は可能と感じました。一番懸念してたのが、どこから水が漏っているのか
わからない、という状況でしたが、それはなさそうです。

とくにシートの下等の防水は施工が困難です。それで、毎シーズンオフに
膨大なメンテナンス費用がかかったのではないかと推測されます。
シートの全面更新にあわせて、一度シートを全面撤去して防水をやり直せば
まあ、段々の下地による施工費アップは多少あるでしょうが、
そんなびっくりするほどの金額にはならないのではないかと感じました。
たとえば半分の範囲のやりかえをするとしたら3000坪x2万/坪と仮定して
6000万、そのくらいかければ防水問題はかなり解決できそうな気がします。

CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.12.23 *Tue

MerryChristmas!

お久しぶりです、スタ熊です。
2008年サンフレッチェは岡山の地でFinalとなりました。
惜しかったともいえるし、反省点続出ともいえる。
まあ2年連続元日まで試合をするのは累積疲労として
どうなのよという思いもありましたので、自分は諦めがついています。

ところで、今年を振り返るとAll For Hiroshimaで私も
初めて人の目に触れられるBlogというものを書いて
文章の難しさを痛感しました。基本物書きではないので。。。

で、やはり自分も来年に向けて基本に立ち返ろうかと思っています。
基本はやっぱり、図面書きなんだろうなと思います。

あと、仕事も、この不況なのにまあなにかといろいろあるんですよね。

そこで、AFHの皆さんにも了解を頂いたのですが、
しばらくAFHの活動から距離を置いてみることにしました。

いま、AFHとしては、とにかく球場解体の見直しに向けて、
署名活動などを通じて民意を結集させることに重きを置いています。
その中では、やはり専用スタジアムを最前面にだすのは少し
場違いになるところもあり、そのあたりのバランスをAFH内部でも
かなり議論をしてきたのです。

でも、基本図面書きな自分としては、ある程度自分の案にも自負を持ち
球場保存再活用するならサッカースタジアムしかないという意見を
持ち続けています。
また、再活用サッカースタジアムをもっと知りたいという人の声もあります。

AFHの中に居続けるとやはりこのような声には「ちょっと今は待って」としか
言えないような現状に対してのフラストレーションのようなものもあり
でも、非広島在住のため体を使ったお手伝いもなかなかできず、
唯一の望みだった天皇杯関東近辺でのビラ配りも、なくなってしまった今
もう一度図面ベースに戻り、ピースヒルのイメージ等具体的なスタジアムの
姿の追求に立ち戻りたいという気持ちの下に、AFHからの一時離脱を
決めた次第です。

今後のこのBLOGであげていくイメージとか資料とかはとりあえず
現時点ではAFH公式ではないとお考えいただければと存じます。

もちろん袂を分かったとか意見の違いから分離したとか言うことではなく
自分の今やりたいこと、出来ることをやるためにあくまで「一時的に」
AFHから離れたということで、当然今までのようにAFHメンバーから
建築や都市計画に関しての質問、検討事項が出れば答えますし
広島に戻る機会があれば意見交換をしていくということで考えています。

今回の活動では、逆にサッカースタジアム色を完全になくして
市民球場保存再活用に広い市民の同意を求めていこうという考えを
もつ方々もいますし、市とは面と向かって対立せず、市長と出来る限り
話し合いを持ちゆっくりと方針を変換したいという考えの方々もおられます。
いろいろあってもいいと思うのです。それぞれの考えに骨が通っていて
最終目的が同じベクトルであれば協力できると思います。
まさにサンフレッチェの3バックのように攻撃の時はぱっとワイドに広がり
広い地域を使ってパス交換していくあのイメージ、我々も広く構えて
市民球場の生き残りに向かって進んでいけばいいのです。

ということで、年末の時間を有効活用し、まずはみなさんのリクエストの
多い「ピースヒルのイメージ化」を進めていこうと思います。

みなさん、Merry Christmas!
CATEGORY : コラム

2008.12.10 *Wed

フライヤー(チラシ)

週末の署名活動からフライヤー(チラシ)の配布を始めました。
じきにAFHのサイトからのダウンロードも可能にします。
個人がプリントアウトやコピーしやすいようにA4片面にしました。

とにかく忙しかった時期に、誰かヘルプー!とスタスレで
お願いしたところ、立候補していただいた方がいました。
本当に助かったのですが、実際ゲラを作る時間もない。
というか、訴えたはいいが構想もなにも頭には白紙の状態。
仕事の途中、休憩で入った喫茶店でノートを出して、
とにかく手書きでいいからイメージを作って、ヘルプの人は
プロだから、何とか形にしてくれるだろう。。。なんて気持ちで
書いたのがこのゲラ

gera

うわー、字、汚いなー!俺。
ほんと申し訳ないなと思いながらも、スキャニングしてメールで送って
それで出てきたのがこちら

A4frier

ブラボーーーー!
さすが、「これがプロの仕事ー♪」という感じです。
バナーの使い方とかうまいよなー、画像をすかしたりとか。。。

とにかくわがAFHにすばらしいデザイナーが加わりました。
今後もいろいろ発注しますのでどうぞよろしく!!!

PS先日の署名活動、ご参加の意志を持たれていた方が
うまく合流できなかったということがあったようです。
現在AFH内でそのようなことが今後起こらないように
対策を検討しております。
取り急ぎ、寒い中待ちぼうけをさせてしまった方々に
AFHに代わりましてお詫びを申し上げます。ごめんなさい。
再発防止策も固まり次第何らかの形でご説明いたします。
今後もAFHをよろしくお願いいたします。
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.12.07 *Sun

リーグ戦終了

勝ち点100 得点99 J1昇格
サンフレッチェの2008年シーズンのリーグ戦が終わりました。
チームは4日間のオフを入れて元日国立を目指して更に突き進みます。

しかし、この1年間J2で独走、勝ち星を重ねてきましたが
それはそれで選手も監督もスタッフもフロントもがんばった、評価する
べきものだとは思うのですが、やはりそれはJ2のものです。
サンフはJ1にいてもらわないと嫌です。取り扱われ方も全然違う。
J2とJ1実力差はどれほどか解りませんが、実質的に本当に大きな差です。
来年のJ1戦線を戦っていく準備として、天皇杯は是非いい準備をして望み
敗退したとしても来年度に向けての課題を焙り出す有意義な試合にして欲しい。

元日近くまで試合をするということはその分休養期間を取れず、
それが翌年のシーズンに少なからず選手の怪我などという形で
影響を与える可能性があることも今年わかったわけですからその辺も
是非対策を講じて欲しいと思います。

岡山で準々決勝を突破したなら、嫁とチビを早めに実家に戻し
エコパ参戦をもくろんでいます。
もちろんAFHのチラシをたくさん持参して^^
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2008.12.06 *Sat

本日 ビッグアーチと市民球場で署名活動をします!!

12・6 署名活動”ご案内

広島市民球場やその“魂”を広島復興のシンボルとして残し、後世に有効活用できる方法はないのでしょうか?
広島市民球場の“未来”は、私たち市民で決めようじゃないですか!
そして広島市民球場の“魂を活かした、夢の空間”を私たちの手で創ろうじゃないですか!!
 
“ALL FOR HIROSHIMA”では、
広島市民球場の跡地利用について
現在の広島市の進める計画をいったん白紙に戻し、
市民で改めて考えいこうという「署名運動」を
広島市民球場と広島ビッグアーチで同時に実施します。
また当日は私たちが提案するサッカー専用スタジアムや文化施設などを記したパンフレットなども配布を考えております
 
ぜひ趣旨に賛同をいただき、署名にご協力をお願いします。
そして私たちの提案をご覧ください!!
 
【活動場所・日時】
広島市民球場 広島ビッグアーチ
12月6日土曜 9時ごろ~12時ごろ
※当日はスタッフが“オレンジ色のビブス”を着用して活動を行う予定です。


************************

長くブログがストップしてました。
いや、何もやってなかったんじゃなくて(言い訳がましいか)
この署名に向けて、いろいろやってました。
特に大きいのはメンバーの意思と文面の統一
組織ヒエラルキーがしっかりしていれば簡単かもしれませんが
専従スタッフがいない中でそれぞれ熱い思いがあるので
ここはしっかりとしておかなければと思い、それに
注力していました。

この山場を抜けたあとは、年末年始の多忙と(忘年会もw)
家事(大掃除や年賀状!!!)もあるなかではありますが
きちっとした企画書をまとめていきたいと思っています。

そのなかで、リクエストのあるピースヒルのイメージも
まとめてまいります。
今後はA4フライヤー配布による広報宣伝のほかに
諸分野の実力者に対するロビー活動が必要になります。
A44つ折パンフレットはご好評は頂いておりますが
やはりカジュアルな雰囲気は否めませんし、なにより
情報量が足りません。

きっちりとしたA4x8ページくらいのボリュームの
企画書をまとめていきたいなと思っています。
勝負は年明けです。

皆さんのご協力を引き続きお願いいたします。

CATEGORY : コラム

プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



12
--
1
2
3
4
5
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。