This Archive : 2009年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.30 *Fri

公園に関しての考察

ええと、なにか市長が決定を出したみたいですね。
しかし、議会が通らないとなにもできません。

ということで、考察続行

今日のテーマは「公園」です。
今回は気合を入れて画像が多いよ、お楽しみに。

まずは都市における公園のスケール感を確認しましょう。

市長のおっしゃられるニューヨークセントラルパークとの比較。
newyork

1484さんとかも語っておられるように、これだけ規模が違います。
気合の入り方も違う。そもそも公園の考え方が違う。
セントラルパークはひとつの都市のようなもの、という言葉が
このスケール感でお分かりになると思います。

まあ、このスケール感では話がしにくいので日本の例でいきましょう。
球場跡地くらいのスケールの都心公園というので真っ先に私は
ここを思い出しました。

名古屋、白川公園
shirakawa

名古屋に7年住んでいたので、このスケール感は近いと思っていたら
確かにほぼぴったりでした。都心の栄・錦・矢場町から徒歩10分以内
すぐそばまで繁華街があり、敷地内には美術館・科学館もある都心の公園
広島市の想像もこういう公園でしょうね。

で、こんな感じです。
shirakawa1

いやwわざとこういう写真を選んでるわけじゃないですよ。
でも、名古屋の知り合いがいたら聞いてみてください。
白川公園ってにぎわってるの?って。
多分返ってくる答えは
「ホームレスのイメージ」とか「さびれてる」とか「美術館の周りだけにぎやか」とか
そういう答えだと思います。とくに平日は。

要は「なにもなさすぎる」んです。このスケール感としては。
なにもないとやっぱり人は素通りしてしまう、足を止める動機がないと
それはただの通過動線、そして目的地にはならないのです。

つぎにこちら。
東京の砧公園
kinuta

世田谷の人々にとっては憩いの場所です。
ここの芝生広場も同じくらいかなーと思ったら、やっぱり同じくらいでした。
白川と違って芝生です。桜とかもたくさん植わって。
kinuta2
こういう感じなら公園もいいですね。

でも平日はどうなんだろう。
平日の砧公園でぐぐるとこういう感じです。
kinuta1

いや、だから、作為的に選んでるんじゃないってw
とにかく平日の公園にいってみてください。
どれほどの人がいるか、特に冬とかはかなり厳しい現実があります。

やっぱりちょっとでも人が少ないと、この広さを日本人はもてあましてしまうと思うのです。
こういうスケール感に慣れていないということを自覚する必要があると思います。
とくに跡地の場合、それでもそういう空間ですっきりしたいと思えば
中央公園があるわけです。こういう空間を都心に二つも作っても
そこが賑わいや憩いの空間になるでしょうか。
人が少なくなり、閑散とした公園にはやはり「ホームレス」とか「犯罪」とかという
ことばが少なからずついてくるようになります。
NYのセントラルパークも長年そういうものと戦ってきた歴史もあるのです。

日本人が広い原っぱの空間に慣れてないのなら、どういう空間に慣れているのか。
そのキーワードがいみじくも「回遊性」だと思います。
しかしその回遊性は市の出しているようなただの「動き」ではなく
それを誘発するスポットとのつながりをもった構造から成り立っています。

たとえば回遊式庭園、広島には浅野家の立派な回遊式庭園、縮景園があります、
shukkeien

むかしよくしのびこみました遊びました。

この庭園も回遊を促す装置、東屋や太鼓橋、小路の織り成す「つながり」で
構成されています。こういう空間が日本人のDNAにある空間のスケール感だと
思います。ある程度制限され、ベクトルを誘導され、モチベーションをかきたてられ
人の動きは活性化するのです。

では、そういう公園・空間作りをしている例はないのでしょうか。

あります。またもや「丹下大先生」です。

yoyogiup

東京オリンピックのときに作られた代々木競技場の周辺計画です。
原宿と渋谷の間のスペースに立体的につくられたスポーツ公園。
yoyogi

この計画に関して丹下先生はこうおっしゃっています。

そこをたずねてくる人は、主に片方は原宿の駅から、片一方は渋谷の駅から歩いて
くるわけであります。その二つの駅と、ふたつの競技場、それをどうやって結ぶか
ということは大変面白い、また大事な問題だということを感じまして、私は道のような
建築を、その中に導入してきたわけであります。ひとつの道は、原宿のほうに延びて
おります。ひとつの道は渋谷のほうに延びているわけでありますけども、それは
道であると同時に中のいろいろな施設を持った建築でもあったわけです。
それもひとつの建築群に、ある意味での構造を投げ入れてみた、というひとつの
例であります。

それと同じように、都市の中における個々の建築にも、文法といいますか
並べ方といいますか、つながり方というものが必要になってくるのではないかと。
そういうつながり方というのを、もうちょっと大事に考えてみようと思い始めた
わけでございます。


丹下先生が「つながり」を重視してつくられた「道」は
このようになっています。
promnard1

promnard2

promnard3

イベント広場もあります。いわゆる「代々木のイベント会場特設ステージの○○さーん」
のイベント広場です。

event1

event2

event3

event4

いわゆる、賑わいというものは少し限られた空間で、様々な施設の関係の中で
ベクトルが発生する、回遊性を誘発する、そういう緻密な計算の基、はじめて
開花するのではないでしょうか。大きな広場で、ラジオ体操もフードフェスタもできます
そんな軽い考え方で大きな広場をつくるのが日本人の感性にあった広場の
作り方なのか、この代々木競技場周辺は、適度の空の広さの下、けして広々とした
空間ではないですが、居心地のいい空気が流れています。

都心に近い
交通の便がいい
スポーツ施設が隣接する
仮設劇場がよく設営される
イベントが多い
隣接して広々とした緑地公園がある

あれ?どこかにこんな敷地ありませんでしたかね?

yoyogi0


スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.01.29 *Thu

冷静に考えてみる

市議さんは続々予算通過反対に回ってくれそうな勢いです。
みなさんもお近くの市議さんに声を届けてください。
みなさんのお声で市議さんは動いてくれます。

で、冷静に考えました。
跡地関連予算に関して、いくらか動ける予算を
市に残してあげるべきではあるなと。

当然解体を始めてもらったら困りますので
事前調査予算と言うことです。
市の案も球場スタンド一部保存を掲げていますので
(ポーズでなければ)耐震診断は必要です。
しかも一時的には内野も使う案なので
内外野スタンド全体(新耐震の内野2階は除外か?)の
耐震診断になります。これは一度3500万の見積りが
構造コンサル会社から出たと言ってましたので
そのくらいでしょう。これはまず認めるべき。

あと、あの公園案、もうすこし詰めさせてあげても
いいと思うんですよね。もっとつまらないと、
市民も判断のしようがありません。

でも、「これ以上筆を動かすのなら企画設計料をとるよ」
と某設計事務所がおっしゃるんなら、そのくらいは
予算をつけてもいいと思うのです。
折鶴で1千万レストハウスで1千万でしょうか。
で、特に売り鶴、運営計画から建築図面(企画設計図)
内外観のパースぐらいまでは作ってもらって、
それをたたき台にして、市民の俎上にのせる。

当然我々も、賛同企業を募り、募金等も含めた予算で
いまのフットボールパークの図案をさらにつめる。

他の案ももう一度募集をかける。
そこで、公聴会および公開投票を行い市民の意見を募る

そういう流れにできればいい名と思います。

実質的な案としてガチンコに戦いたいのです。
そのくらい僕らはまじめにやってる。広島のためと思っている。
市にも、広島市のため、ちゃんと活動できるお金をつけて
まじめに検討してほしいのです。
正直言って今回の市の案を読めば読むほど悲しくなるのです。
局長や市長の面白発言を聞くたびに悲しくなるのです。

みんなの跡地なのです。そんな行き当たりばったりではない
まじめな提案をしてほしい。
できないのは予算がついてないからと信じています、
そうでないと、広島の将来は暗すぎます。。。

131


CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.01.27 *Tue

どうしてそんなに頑ななのか?

本日のNHKニュースより

先に広島市が公表した広島市民球場の跡地利用の計画案に対して市議会から異論が相次いでいることについて、広島市の秋葉市長は27日の記者会見で「あくまでも計画案どおりに整備したい」という考えを示しました。

広島市は、広島市民球場の跡地の利用方法について、スタンドの一部を保存したうえで、跡地の大部分を広場や森が広がる公園として整備し、その中心付近には折り鶴の展示施設を建設することをなどを盛り込んだ計画案を1月に公表しました。
しかし市議会からは「市の中心部に森をつくってどうするのか」などと、集客力を疑問視する意見が相次いでいます。
これについて秋葉市長は、27日の記者会見で「ニューヨークのセントラルパークも当初そういった議論があったが、今では街の中心的存在で市民の誇りともなっている」と指摘したうえで、「中央に整備する広場では平和公園で開けないような、例えば屋台が並ぶイベントなどさまざまなイベントを誘致し、市民の皆さんにもさまざまな形で使ってもらって年間を通じたにぎわいを創りたい」と述べました。
また折鶴の展示施設にも疑問の声が出ていることについては「専門家でつくる選考委員会が客観的な立場から優秀だと認めた施設であり、我々が否定する理由はない」と反論し、計画案通りに整備したいという考えを示しました。


いや、反論はいろいろあるんです。
ニューヨークのセントラルパークと今回との立地の違い
そもそもニューヨークと広島の都市規模の違い
平和公園と中央公園の既存用途の中での跡地の存在
公園を作るなと言ってるのではなく、公園の用途の問題です。

しかし、それはひとまずおいておいて
なぜ市は、市長はここまで頑ななのでしょう。
彼らは特に二つのものに執着しています。
ひとつは折鶴保管施設
もうひとつは用途を定めない緑地
ここに市議や反対を訴える人が、なぜ反対しているのか。

それはとりもなおさず
「ソフトの欠落」だと思います。
ハード論だけで語られても想像力は追いつきません。

もし私が市の担当者ならどうしたかなと考える。
なかなか諸施設の移転交渉は進まない、
支出すべきコストはどんどん増えていく
反対の声や対案がどんどんでてくる。
そんなとき、まずその声に対するには
「ビジュアル」を提示するしかない。
そして、何枚もイメージイラストを描いてその中に
とても楽しそうな、賑わいのソフトを提示し
こんなに楽しい空間になるのです、
そう訴えかけるだろうなと思います。
あんな難しい企画書よりも公園の四季の楽しみ4枚と
折鶴施設での厳粛な雰囲気を示すパース1枚あれば
たぶんそれでもいいんじゃないかと言う人はかなり
出てくると思います。でもそれをやらない。

いや、できない?

担当者ベースでもそのような「イメージ」を持ってないのでは
ないかと思えるようになってきました。

たとえば、公園
「ラジオ体操」と市の担当者は珍発言大賞のような発言をしました。
本日市長は屋台村と言っています(パクられたかも)
でも、そこには言葉はあるけどソフトはない。
屋台村にも組織は必要でルールも必要で、出展企業も必要で
思いつきでいいのかというのがあります。
我々の屋台村構想は、スタジアムの飲食物販の向上の
必要性を訴える2chの発言から派生した、地元商店会との
コラボレーションという組織を含めたソフトの提案を含めています。

たとえば、折鶴保管施設
専門家でつくる選考委員会が客観的な立場から優秀だと認めた施設
と市長はおっしゃっていますが、これまでの選考のなかで、そこまで
明確に判断できるほどのソフトの提案はあったでしょうか。
実際年にどのくらいの折鶴の寄付があり、それに対しどのように
それを展示し、保管するか、保管しきれなくなったらどうするのか、
それを明確に示した資料はまったく出ていません。
そもそもハードに関してもあのプレゼにでてくる
保管施設が何でできているのか、中がどのような空間なのか
折鶴が何年分保管できるのか、ガラスでできているように見えるが
折鶴が日焼けしてしまわないのか、空調はどうなってるの?
本当に祈りの空間になるのかなどなど、何も分かっていません。
イメージがなにもない。選考から1年半もたっているのにです。

何もないから、我々も、折鶴施設の併設をする際にいろいろ考えました。
やはり保管施設のボリュームは必要だし、ある程度の調湿機能は必要だろう、
保管は地下にしないと地上に大きなボリュームが出てしまう、
しかし、地下水位の高いこの地だと地下では調湿がむずかしい。
なのでピースヒルの上部に折鶴のモニュメントをいれその下、グラウンドレベルに
保管施設を入れるということを考えました。
是非、市の案の、その辺の詳細を聞かせてほしい。

おそらくまだ何も考えていないと思います。

なのに、なんでそんなにこだわるの?何でそんなに頑ななの?
おそらく市議会は通せないでしょう。そこまで先が見えてるのに
なにかに義理を通している、それしか考えられません。

あの場所が、ごく一部の義理でその方向を決められようとしている
それが本当に残念でなりません。

121

CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.01.20 *Tue

広島市跡地計画案提示

お久しぶりです。

新年ばたばたしてる間に、1/16のマスコミリークを経て
1/19に市の市民球場跡地計画案が提示されました

citygplan

ある意味予想通り、ある意味予想外ですね。

予想通りだったのはプラン。
スタンド部分保存の話は聞こえてきていました。
保存するなら場所的にもライトスタンドだろうなと想像してました。
KOPさん原案もライトスタンド保存でしたよね。
ライトは特別な存在でしょうから。。。
すると商工会議所はあそこしかないし劇場もその後ろしかないだろう
そこまでは予想できました。

予想できなかった一つ目は、プランの煮詰まってなさ。
もう少し折鶴施設、レストハウス、劇場については
企画設計図レベルのものは出てくると想像していたのですが。
市政というものはこのレベルの構想案で10億レベルの予算を
通せるんですかね。それが一番意外です。
かなり前から内定の事業者に図面を書かせていたと聞いていたんですが。
それを表に出せない理由があるんでしょうかね。

そして一番驚いたのは、コストをそのまま何の工夫もなしに
出してきていることです。
公園整備(球場解体込み)で20億は予想の範疇内です。
商工会議所土地買取は、中国財務局を仲介して等価交換で
やると思っていたのですが、買取にしたのは意外でした。
そして折鶴はコンペ案からスライド。つまり折鶴については
コンペ時から何も進んでいないと言うことです。
I先生のところに事業者決定前の仕事を断られたのでしょうか。

さらに劇場・アニメーションライブラリー・商工会議所ビルについては
工費未定で出してきました。この半年何をやっていたんだろう。。。

劇場については仙台商工会議所のミュージカル劇場検討資料を
みるとおおよそ20億~30億ということがわかります。
アニメーションライブラリーは規模がまったく分からないんですが
敷地の規模からいって、およそ5から10億でしょう。
商工会議所ビルは、既存ビルと同等の床面積を要求されるかどうかですが
同等としたら4000坪x80万/坪で32億くらいでしょうか。

そしてさらにPL土地と護国神社土地の買取があります。
商工会議所と土地柄の違いがあるので若干単価は安いでしょうが
それでも商工会議所の土地が11億ならおそらく15億は下らないでしょう。
そしてPLについては建替えの資金に補助を要求してくる可能性大です。
5億くらいの出費は出てくるのではないでしょうか。

合計すると
現在コスト33.6億
劇場25億(間を取って)
アニメ7.5億(間を取って)
商工会議所ビル32億
PL護国神社土地15億
PL建替え5億
計118.1億

軽く100億オーバーですね。

市の財政的な工夫案は
1.埋蔵金11億を使用(それを狙ってこれもマスコミにリークしたに違いない)
2.広場にネーミングライツ(5000万くらい?)
3.ベンチをオークションw

あとは国庫の補助金ですか。公園の20億には1/3くらい期待できても
それ以外の項目は補助金期待できないんじゃないかな・・・

すると財布は11億(怒)+0.5億+6.7億=18.2億

まだ100億残ってるじゃん!!!

まずは市議会議員さんに相談だ!!!






CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.01.04 *Sun

あけましておめでとうございます

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。

家族より一足早く帰省し、今日明日とプチ独身。
ということで、元旦国立も実現できなかったので
今日はスイカ広島皆実を応援に、駒沢競技場に
行って来ました。

まあ、今年はJ1昇格で関東圏での試合も増えるので
出来る限りスタジアムに行こうと思っているんです。
家庭もあるので出来る限りですが^^;
(嫁さんはかたくなにサッカーに興味なし)

で、駒沢です。電車とバスを乗り継いで40分程。
初めていきましたが、結構いいスタジアムです。

駒沢

駒沢は東京オリンピックのときにできたスタジアム、
そう、国立競技場と同い年。コンクリート全盛期のスタジアム建築、
設計は村田政真、聴きなれない設計者かもしれませんが、
当時のコンクリート大空間建築の巨匠の一人です。
駒沢公園全体の計画は高山英華、丹下健三とならぶ
現代都市計画の父であり、代々木を丹下、駒沢を高山が担当
つまり日本の戦後モダニズムの粋を集めた東京オリンピック建築
そのひとつです。た・だ・し、Jリーグでは使われません。
なぜか、それはナイター設備がないので。
隣接する医療センターとの関係でナイター設備をつけられないようです。

しかし、コンクリートの強さがよく表現されたいいスタジアムですね。
陸上競技場にしてはゴール裏以外ならわりとピッチ全体見やすいですし
ビッグアーチと比べてもピッチが近く感じました。
スタンドをぐるぐると一周してしまいました。

試合もスイカ皆実がウノゼロで快勝(といえるでしょう)
4バックは統制が取れて、中盤もとにかく運動量があり
攻撃時のパス回しもつながるところは、やはりJrユース仕込みか
完全に作陽の長所を出させないうまい試合運びでした。
しかし、中国勢同士の戦いってのは気持ちいいものではないですね。
試合が終わったあと、泣いてる作陽の女の子たちをみると
喜びも半分、いや、2/3くらいかな?もっと上で当たって欲しかったな。

ということで、本年もよろしくお願いいたします。




CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



01
--
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
28
31
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。