This Archive : 2009年04月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.30 *Thu

GWはサンフ、そしてFFへ!

3試合続けて難しい試合で辛くも勝ち点1を確保したサンフレッチェは
GW期間中広島に腰を落ち着けてホーム2試合を戦います。
5/2の清水戦、そして5/5のFC東京戦、そろそろここで勝ち点3が
ほしいとこですね。われらがエース寿人の体調が若干心配ですが
ここに合わせてミキッチ、ストヤノフ、そして盛田が帰ってきてくれます。
あとは若い柏木・高萩・青山・槙野・森脇そして中林の奮起が期待されます。

そして広島のGWと言えば、フラワーフェスティバルでしょう!
広島を離れて長い私としてはとてもノスタルジックな響きです。
なんと昨年の実行委員長は私の幼馴染だったという
故松田耕平オーナーの家の裏の空き地で草野球してたのは彼とです)
実にこの長い月日をしみじみ感じさせる(!?)大イベント

ここで、今着実に市民のなかに問題意識が育ち始めている
市民球場跡地活用問題のミニシンポジウムが開かれます。

主催は昨秋のシンポジウムを主催されていた皆さんです。
AFHはパネラーとまでは行きませんでしたが、計画案の
掲示とチラシをおくスペースを頂きました。

5月3日(日•祝)~5日(火•祝)の広島フラワーフェスティバルで
「球場跡地」に関するイベントが開催されます。
ALL FOR HIROSHIMAも参加します。
ぜひお越しいただきご参加をよろしくお願いします。
また主催者による「球場跡地」に関連するアンケートも実施されますのでご協力をお願いします。
 
 
フラワーフェスティバル
新たな市民文化創造の場「明日の広場」
主催:広島文化会議実行委員会(明日の広場のためのプロジェクト)
協賛:広島市中央部商店街振興組合連合会、ステージユニオン広島、ギャラリーG
協力:広島市民球場跡地利用検討協議会、市民球場跡地利用を考える市民連絡会議
   Blue Lab.ART PROMOTION HIROSHIMA、JAMM'S、NPO法人セトラ広島
5月3日(日•祝)~5日(火•祝) 10:00~18:00
場所:明日の広場
(平和公園ブロック2 平和大通りを挟んで平和記念資料館東棟の反対側)
 
球場跡地関連イベント
5月3日(日•祝)~5日(火•祝) 10:00~18:00
各市民団体展示  私たち、AFHもパネル展示とチラシの配布を行う予定です。
4日(月•祝)13:00~16:00
「球場跡地•夢•トーク」球場跡地ーどうしたい?ほら語ってみんさい!
参加者(敬省略)
パネリスト(予定)
牛谷 陽一(建築家)
東 琢磨(著述業 文化活動家)
古池周文(広島市民球場跡地利用市民研究会)
石丸良道(広島文化会議)
コーディネーター
若狭利康(NPO法人セトラひろしま)


他の団体の皆さんの意見も聞ける重要な機会です。
また、私自身は参加できないのですが、AFHのメンバーから
あとでいろいろ聞きたいと思っています。

まずは幅広い市民の皆さんの問題意識の喚起が一番重要です。
ミニシンポジウムも、オーディエンスとして、声をあげることも
可能らしいので、是非皆様活発な意見交換をお願いいたします。

e65022.jpg


スポンサーサイト
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.04.27 *Mon

中国新聞WEBアンケート

お久しぶりです。いろいろ多忙で。。。

ところで、既にもう各所で記事になってますが、中国新聞で球場跡地利用問題の
WEBアンケートがはじまりました。

WEB de アンケート>旧広島市民球場跡地問題
旧広島市民球場跡地問題の意見を募ります
 広島市は1月に旧広島市民球場跡地の利用計画を決定しました。それによると、跡地約5・5ヘクタールうち80%に緑地や広場を整備します。戦後復興の象徴として球場スタンドの一部を残し、跡地そばの広島商工会議所ビルの移転新築も盛り込んでいます。平和記念公園との軸線を考え、折り鶴展示施設を跡地のシンボルとする方針です。しかし、市議会からは「集客効果が期待薄」「折り鶴展示施設の必要性が分かりにくい」など異論が相次ぎ、市議会は3月の定例会で関連予算の一部を削除し、計画推進に「待った」をかけました。こうした現状を踏まえ、ホームページで広く意見を募ります。


今回は自由記事が1000字ですね。1000字あればいろいろ語れますね。
テンプレ企画。。。と行きたいところですが、多忙で断念。。。

でも、少なくともアンケートのとり方としては、市のパブリックコメントのような
恣意的な結果を出すことも可能なあいまいなものではなく
しっかりとした意見を区分できる企画と、高評価しています。

みんなで思いのたけをぶつけましょう。

とはいっても、こういう受信側受動的発信側能動的なアンケートの欠点は
無関心層の評価をしづらいところですよね。
本来は受信側能動的発信側受動的の世論調査のような形でないと
本当の厳しい世論情勢を分析できるか、心配な部分もあります。

既存改修サッカースタジアム派としては、一番怖いのは
サカスタ積極的反対層ではなく消極的反対層なわけです。
議論相手が行政ですからなおさらです。。。

このような調査をマスコミが始めるのをきっかけに、問題のさらなる啓蒙と
AFHの主張のさらなるアピールをしなければいけない時期かもしれません。



こんなときに多忙な身体が非常に心苦しい・・・
球状跡地171




CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.04.14 *Tue

プロセスのデザイン

先週末は広島の皆さんにとってまさに「メシウマ」な週末でしたね。
サンフレッチェも4-1の快勝、カープは土日の連続完封勝利。
夜の街も歓声が響いていたのではないでしょうか。

うれしいことは、私にもあり、久しぶりに旧友にあったり、
これも久しぶりにKOP師匠とメールでやり取りしたり、
気持ち的に充実した週末をすごしました。

まあ、WEEKDAYになるとあいも変わらず慌しい日々に戻るわけですが
今日は現場への出張の帰りにいまパートナーを組んでいる
ランドスケープデザイナーといろいろ旧市民球場の話をしました。

新球場の話から、ところで、元の市民球場の跡地がどうなるの?と質問され
いまの状況を、完全に客観的な事実として述べました。

それに対する、彼の意見としては、一番印象深かったのが
「市のやり方はプロセスのデザインに欠けている」
という言葉でした。

ランドスケープデザイナーとしても、特に建築の計画に付随する
ランドスケープがほとんどである彼らにとって、建築の中での
ランドスケープの価値自体をどのように説明し、施主に理解してもらい
そこに投資してもらうかというのは仕事の根幹です。

そこにはオーナーならびにユーザーがそのランドスケープを
今後使いながら維持管理し、共に生きていく、そのプロセスを
プレゼンテーションする必要性に向き合っている姿があります。
そしてそれはデザイナーの義務だと感じています。

そのプロセスをデザインすることは、形をデザインすることと
同じくらい大切なことです。
(ランドスケープだけではありません、建築の計画もいっしょですね)

彼は、市民がその緑地公園をこれから使っていく、そしてそこを
賑わいの空間として育てていく、そういうプロセスを具体的に
提案していないことが問題だといいました。なるほど、そのとおり。

もっというと、それはコンペの優秀案となったデザイナーも提示していませんし
審査委員も提示していません、提示を求めてもいません。
そして、市もその提示を怠っている。だから、市民はこれからのプロセスを
想像することができず、賑わいを期待することができないのではないか
そのように感じます。

私が何度も繰り返し引用してしまうのが、一人の審査委員の言った
「魅力的な美しい緑地、広場ができれば150万人はすぐ集まる」
というフレーズです。このプロセスの説明が必要なのではないかと
思います。

ここが引っかかり、どうしても、市の案と私の提示している案との
溝を埋めることができないのです。

当然、サッカースタジアムをあの場所に実現するにあたっても
プロセスのデザインは必要です。それは、もっと幅広く市民の皆さんに
サッカースタジアムのよさを解って頂くために、クラブは、スポンサーは、
サポーターは何をしなければいけないか、ということだと思います。

今まで自分が考えたものとしては
1.アウェイサポがヒロシマを考える場に立ち寄るよう誘導し
  平和のシンボルとの共存を市民に理解してもらう
2.ただ見エリア等を活用し、サッカースタジアムの興奮と感動を
  手軽に市民の皆さんに感じてもらう
3.飲食物販について地元商店会との連携をはかり、
  実質的な経済効果に貢献する
4.世界的なサッカーチーム、サッカー選手を招き、ヒロシマで
  サッカーをする姿を世界に配信することにより、サッカーというメディアで
  広島が世界にもっとも訴えたい平和の伝道をする

といったこと、これらは、建物、敷地、そのハードの計画の完成のあと
ソフトの部分でのプロセスの提示です。

市の案にそのような、出来上がったあとでのプロセス提示がないと
いけないのではないでしょうか。

フードフェスタの移転、折鶴保管から折鶴展示、しまいには折鶴でなくてもいい、
劇場も、いまから考える。。。できたあとのプロセスはどこにもないと
思いませんか。

我々の案を推したい気持ちは満々ですが、それ以前に、このままだと
本当に跡地はこけてしまいますよ。
そういう危機感を持っている人たちとは、今後もどんどん意見交換をして
行きたいと思っています。

ふぁさーど






CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.04.10 *Fri

REV.15

新球場開幕戦は残念でした。
選手たちも気負い過ぎだったのでしょうか。
まあ、旧市民球場もこけら落としは大敗だったとのこと。
ゆっくりと新球場を楽しみましょう。
ってか、俺も楽しみたい!帰省したい!
でも暑くなる頃まではむりそうだなあ。。。

ということで、ストレス解消。

20090410224842b6e.jpg

ちょこちょこいろんなところをいじりました。
目玉は「ラグビーワールドカップ対応」w
その他覚え書き的にいろいろと手を加えています。

以前内野2階席の動線のことが問題になりましたが
大型シャトルエレベーター3台設置という案を
追加してみました。
一回30人程度を2分1往復くらいで回せると
1時間で2700人運べる計算です。まあ参考程度。
エスカレータータワーをつけるか。。。

まあ、いろいろ、いじってください。

あー、帰省したい。。。
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.04.10 *Fri

あー。。。

新球場行きたいなあ。
ズムスタみたいなあ。。
コンコースぐるぐるまわりたいなあ。。。

関東ではテレビ中継もありゃしねえ。

特に明日、ズムスタからBAハシゴ組なんて
うらやましいったりゃありゃしねえ。

さあ、ストレス発散に久々に残業時間に
図面でもいじりますか。。。
CATEGORY : 未分類

2009.04.09 *Thu

まだまだやります

今週末はホームで柏戦です。天皇杯の雪辱戦です!
そして、まだまだやります!

ALL FOR HIROSHIMA事務局です。
平素はALL FOR HIROSHIMAの活動にご理解を頂き、ありがとうございます。

下記の日程にて署名活動を行います。
是非とも、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【活動場所・日時】
4月11日 16:00~18:00 広島ビッグアーチ周辺

集合場所・活動拠点:正面入り口を左に曲がり4つめの植え込み、青いのぼりが目印となります。(写真参照)

20090406-1.jpg


活動場所:アウェイ側、活動拠点周辺、正面の坂途中、投てき場周辺の予定ですが、参加人数により当日確定いたします。

【活動内容】
 1.チラシ配布
 2.署名活動

 ※ちらし&署名用紙のプリントサポートも同時に募集しております!!

ご協力いただける方は下記までご連絡ください。
kanri@all-for-hiroshima.com

※上記時間全てを拘束するものではありません。いつからいつまでご協力可能かを連絡いただけると大変助かります。
※個別での質問などある場合も上記のメールアドレスまでお願いいたします。
※荒天の場合は中止とします。中止の場合はこちらのblogにて中止の旨お知らせする予定です。

当日、飛び入り参加大歓迎です。

以上、よろしくお願いいたします。


いろいろコメントを頂きましたが、まだまだ認知が足りない
とのご指摘も頂いております。
まずは、地道な活動ですが、ビッグアーチでの公式戦での
署名活動を継続していきます。

今まで、署名頂いた方も、もしよろしければ署名スタッフに
声をおかけいただければ、こちらも心強い気持ちになれます。
また、昨年署名頂いた方々、今年から、署名の文面が
よりサッカースタジアムの実現にむけた書面に変わっております。
お手数とは存じますが、再度のご署名をお願いいたします。

皆様のご協力をお願いいたします!

ところで。。。
広島でラグビー観戦の人気というか需要はどのくらいあるんでしょうか。

日本招致に閣議了解…ラグビーW杯

という報道があり、ラグビーについても、今後検討していく
価値はあると思っています。
具体的には、ラグビーはゴールラインの奥にデッドボールラインまでのエリアが
10~22m必要なため、ゴールライン間は100mとサッカーより5m短いですが
実質的には縦方向が15~40m広く必要です。
(国際規格でも、22m以下とは書いてありますが、10m以上はできるだけとる
 としか書いてありません、少ないと支障が出るのか調査中)
もし国際規格ぎりぎりとしても、15mはビジタースタンドをずらさないといけません。
そうなると、現在のライトスタンドの照明塔は残念ながら建替えとなります。
ただ、その程度でラグビーが可能になり、W杯会場の誘致の道が開けるなら
検討の余地はあると思います。

一番の問題はW杯以降需要があるかなんですが、
高校選手権県予選の決勝くらいは集客力もあるかもしれませんが
たとえばマツダラグビー部がトップリーグに昇格して公式戦を開催できるかとか
さらに言えば、福岡に3チームあるうちの1チームを広島に
本拠地誘致できないか(可能性あるとすればコカコーラか?)とか
考えていく必要もありますよね。でも、そういうのも悪くないと思います。

広島の人たちは基本的に球技が好きですから。
野球・サッカー・バレー・ハンドボールに続く第5の球技も
注目したいところです。

img100.jpg


CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.04.06 *Mon

「怒り」の価値

a51bbb54-s.jpg
(画像はMARINA CHANNELより転載しました)

広島市による市民球場看板撤去の件につきまして、
他ブログにて、看板撤去については、市の条例改正によって決められたものであり
手続きとしては正当なものである、もし意義があるのなら、条例が提出されたときに
意義を唱えるべき、とのご意見を寄せられた方がおられました。

意見に正誤をつけるなら、正しいご意見だと思います。
しかし、納得のできない部分もあったので、新たにこちらに
記事を立てさせていただきました。

そもそも、公務員というのは国民・県民・市民に対してサービスを提供
することを生業としている職業です。そして、税金からいくばくかの
給料を貰って生計を立てているわけです。
そのわりに公務員は業務的なミスをして、それにより公民にたいして
損害を与えることがあっても、よっぽどのことがない限り個人的には
その責を負うことはありません。
個人事業者は自らのミスはすべて自らへの損害となります。
それだけ公務員は守られていることを前提に考えてほしいのです。

手続きは正しい事案があったとしましょう、しかし、それにたいしては
市民は納得していない。このような場合、市民は、手続きが正しいからといって
怒りの声を上げてはいけないという考えは違うのではないかと思うのです。
それによって自分は損害を被るであろうことが予想される、しかし
行政は自らに責任が及ぶことがないので、そのような個人への損害など
考慮もせず、上からの命によって手続きの正当性のみを考えて
ことを進めていく、このようなときにすぐにあげられる態度表明は「怒り」しかない
のではないでしょうか。

もちろん正当な手続きとして行政を止める手段は存在します。しかし
誰もがその法的な手続きを知っているわけではない。そもそも
多くの行政的な事案が議会を通っていく中でそれらをすべて
認識するなど、日常生活の中ではかなり非現実的なことだと思います。
たしかに、あのときに声を上げればよかった、そういうことはあるでしょう。
でも、だからと言って声を上げないとそのときの怒りの思いはすべて
無価値になってしまうのではないでしょうか。

いまAFHがやっていることはほとんどが、「なんであのときやらなかったのか」
「いまになってやって意味があるの?」と揶揄されてしかるべき行動
かも知れません。

でも、怒りは形にして表明して初めて価値があるものなのではないでしょうか。

そして本来公民の声に沿ったサービスを提供すべき公務員であり行政は
そのような怒りの声には手続き以前に本質的に耳を傾けるべきなのでは
ないでしょうか。

AFHをはじめこの件にかかわる全ての人間は一つ一つ勉強しながら
進めていくしかありません。市民運動なんてほとんどの人が初めてなのですから。
しかし、そこに必要なのは行政の手続きとか法的正当性とか、そういうものも
超越した心の叫びであり、感情であり、怒りや悲しみであり、思い出であり
そういうやわらかいものが生み出す原動力なのだと思うのです。

他ブログで指摘をされたかたの意見を否定するつもりはありませんが、
「いまさら」論に凹んで気持ちを抑える必要もないと思います。
様々なリサーチも議会を巻き込んだロビー活動も、綿密な資金計画も
そして、みんなの気持ちを動かすイメージ図も必要ですが、それを左手とすれば
右手に必要なのはみんなの熱い思いだと思います。
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.04.04 *Sat

開幕戦

祝開幕勝利!!!

巨人―広島1回戦(広島1勝、18時1分、東京ドーム、44124人)

広 島100500000―6
巨 人003000000―3
▽勝 ルイス1試合1勝
▽S 永川1試合1S
▽敗 グライシンガー1試合1敗
▽本塁打 小笠原1号(2)(ルイス)ラミレス1号(1)(ルイス)シーボル1号(2)(グライシンガー)

Cs20090403032101.jpg

いよいよ野球も始まりましたね。

ここのところずっとサッカー漬けで、実を言うと、新球場もあまり
個人的には盛り上がらず、(WBCも広島の選手は目立ちませんでしたし)
そんなこんなでふわっとした気持ちでシーズンインしてしまったのですが

やっぱり始まると違いますね、(会社でこそりワンセグ観戦しちゃいました)
新しいビジターユニホームも素敵です。
走る野球を見るとわくわくするなあ。

やっぱり、カープもすきだわ、わし、と再認識しました。
スポーツニュースも久々にはしごしましたよ。

さあ、ルイスで1勝は想定内だから、もう一笑しよう!

いけいけどんどんでズムスタ開幕を迎えたいですね。


CATEGORY : コラム | THEME : 広島カープ | GENRE : スポーツ

プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



04
--
1
2
3
5
7
8
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。