This Archive : 2009年05月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.31 *Sun

サッカーの故郷

昨日のサンフレッチェの大勝はすごかったですね。
サンフはカズ・浩司、下田・アキがいないうえにマキが代表
今までであれば、普段のサッカーができないような状態でも
おかしくないのに、ここまでの大勝とは、層が厚くなってきた証拠です。
一誠も怪我から復帰してきましたし。昨日得点した横竹だけでなく
清水・岡本・橋内ら若手の成長も期待できます。
いや、本当にいいチームになってきました。

やっぱり、こういうチームのサッカーは間近で見たいものです。
以前西が丘で見たときの感想でも述べましたが、サンフのサッカーの魅力に
「そこをパスで通すか!」というものがあります。でも、その感覚って
ピッチに近いところで見ると魅力倍増なんですよね。
ペナルティエリアやバイタルの密集の中でショートパスをつないで
相手ディフェンスを崩すとこなんて、専スタの距離で見ると
もう病み付きになりますよ。保証します。

スタジアムというハードが、サッカーを2倍楽しく見せることができるのです。

サッカーの故郷、イングランドではこのことはよく理解されているとあって
素晴らしいサッカースタジアムがたくさんあるようです。行ってみたい!

そこで先日コメントいただいた通りがかりさんから、いくつかイングランドの
素晴らしいスタジアムの画像を頂きましたので紹介させていただきます。

まずはコメントの中にありましたスタンフォードブリッジ。
チェルシーの本拠地です。

CHELSEA.jpg

アーセナル戦でしょうか、おっしゃられるように、赤いアウェイサポが
バックスタンド1階に陣取っています。こういうのもあるんですねー。
あと、驚かされるのはスタンドの傾斜です。何度なんでしょうか、これは。
結構怖いと思うんですが、向こうの人は平気なんでしょうね。

次にサザンプトンという2部のクラブの本拠地だそうです

SOUTHAMPTON.jpg

SOUTHAMPTON2.jpg

2部で、これですよ。いやんなっちゃいますね(笑)
スタンドは単層でシンプルですが、外装はHi-Tecでかっこいいですね。
あと、感じるのは構造部材の細さ。耐震基準の緩い国はうらやましいです。

しかし、イングランドスタイルはスタンドが四周ぐるりとまわり、屋根も全周という
ところが多いんですが、芝は大丈夫なんですかね。
先日の大分のことを考えると、どうなのかなと思うんですが、
日本の南のほうはどうしても芝を二毛作(冬芝を夏芝の上にオーバーシード)
する必要があり、その端境期にコンディション不良が起こりやすいのにくらべて
イングランドは冬芝だけでいいんでしょうね、きっと。
日本の気候の巾の大きさが芝の育成の難しさになっているんでしょうね、

続いて、アーセナルの旧本拠地ハイバリーだそうです。

ARSENAL.jpg

2006年からはエミレーツスタジアムに移っていますから、
それ以前にとられたのですね。ハイバリーはマンションに
建て替えられるそうです。残念ですね。。。

ハイバリーといえば

800px-Arsenal_Stadium_Highbury_east_facade.jpg

このファサード、KOPさんの妄想スタジアムに引用されてましたねー。

そして最後にはウエストハムの本拠地だそうです。

WESTHAM.jpg

しかし、つくづく、うらやましいの一言です。

しかし、われわれの計画も負けてはいられません。

stadiumrenovationさんのイメージのように我々の市民球場もイギリス人に
「日本にも素晴らしいスタジアムがあるね!」といわれるように
夢に向かってがんばっていきましょう!

stadiumrenovation-82087.jpg

通りがかりさん、画像提供、どうもありがとうございました!!!



スポンサーサイト
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.05.30 *Sat

1番ショート

yoshihiko.jpg

カープがいままでで一番強かったころ、それは私がまだ小学4年から6年のころ。。。

一番、ショート、高橋慶彦、背番号2

市民球場がひときわ沸いた瞬間でした。

全てが絵になる選手でした。

スイッチヒッターというところが更にかっこよかった。

小学生からすると文句なしのヒーロー
いろいろあったことは聞いてはいるけど、
最後は広島に戻ってきて欲しい、
ずっとそう思っています。

そんな慶彦が、交流戦で広島に戻ってきました。

そして、なんと、AFHにコメントを下さいました。
解説者の木下氏とともに

私、感動で、言葉が出ません。

実はAFHは更に何人かの有名人に支持を頂いております。
今後もご本人のご承諾が取れ次第、皆様にお知らせして
いただけることでしょう。
やはり、狭い広島であるからこそ、なかなか表立って
支持を表明されにくい方もおられます。しかしそれでも
熱い思いで応援されていることには間違いありません。

慶彦氏のコメントを一部引用させてください。

願わくば、広島市民球場で僕たち選手のプレイによって感動してくださった人たちが
「これが昔カープが試合をしていた市民球場だよ」と子供や孫に話すときに
小さな子供たちがすぐに「球場」だとわかるような具体的な建物が残っているような
場所であってほしいなと思います。


まかせてください、慶彦さん!
あなたのその思い、必ずや実現させます!

球状跡地191





CATEGORY : コラム

2009.05.20 *Wed

社説

ライトスタンド案につきましては、いろいろご意見ありがとうございます。

特に、チェルシーのスタジアムの話は目からうろこでした。
世界は広いですね。この辺はサポグループの意見も聞いてみます。

あと、ラグビーに関しては、もう既に開催予定地は内定していたのですね。
ちょっとリサーチ不足でした。ラグビーもできるという施設にするメリットは
W杯だけではないとは思うのですが、ライトスタンドの話もはじめ
もう少し、検討が必要なことがわかってきましたので、一旦保留にします。
(ラグビー共用はかなり芝の養生がシビアになるとのこと。
 たしかにタックルだのスクラムだのラックだのってのは、一般人が
 イベントのために入るよりもさらに厳しい環境だなと冷静になって
 気がつきました)

ところで、先週末の中国新聞の3本立ての記事を読みました。
1.アンケートの途中経過
2.市の担当者の市主体のサカスタ難しい発言
3.社説
です。

なんでしょう、この見事な連係プレー。最初から、3本一緒に書いたような
そんな気にもなります。

とくに3番目の社説は、世間が新型インフルエンザの国内感染で
大騒ぎのなか、しかも民主党代表選挙の直後という、他にも
書くこといっぱいあるんじゃないの?って時期に出されたことが
非常に意味深いですね。この日じゃないといけなかったのか?
つまり、1.の記事がホットな最中に、2.3.と立て続けに出す必然性が
あったとしか思えないタイミングですよね。

内容はFFでのミニシンポの内容にすこし尾ひれをつけた程度で
なんの新しい情報もない、ほんとなんでこのタイミングなのか
意味不明です。

あと、地元新聞とはいえ、これほど行政側に対して肯定的、
保守系多数とはいえ議会にこれほど否定的な新聞は珍しいと思います。
市の計画案は、新聞社に対してなにか恩恵があるんじゃないかと
かんぐりたくもなるような基本姿勢を感じてしまいます。

中国新聞っていつからこんなになっちゃったんでしょうかね。。。
最近はカープの記事とかもちょっとピンとがずれてたり。。。

しかし、マスメディアの力は大きいので、負けないような
情報発信を考えなきゃ名とも思いました。
shasetu.jpg



CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.05.14 *Thu

ホームタウン

ここ二日ほど、風邪でぶったおれました。ようやく復活の兆し。
今年は、こんな季節はずれでも、風邪がはやっているようなので
皆様もお気を付けください。

で、ぶっ倒れる前に作っていたけど、UPできなかったのが
これです。

球状跡地191

ライトスタンド保存案

外野スタンドの断面図は、仙田先生の球場現敷地建替え案の
シートを参照しましたので、概略構造はまちがってないかと。
この通りであれば、外野スタンドの前部は土盛りのうえに作られた
だけの構造的に影響のない部分なので、工法的な注意さえ払えば
解体可能と考えました。

そのなかでブルペン部分を残してフィールドに当たる部分を解体する
という形で考えております。

また、保存スタンドと分離してアウェイ用立ち見スタンドを整備し
バモるアウェイサポさんにはこちらでお願いする。
上部の保存スタンドは基本立ち応援禁止ゾーンにしてもらう
という案です。

まあ、それでも、カープの聖地ライトスタンドが、こんどは
「違う赤」で埋まるのを、広島市民は許せるのか?というのは
疑問が残ってしまいます。このへんは皆さんのご意見を
お待ちしております。

ところで話は変わって今日は埼玉県庁まで仕事できました。
相変わらず、浦和駅から県庁までの商店街は、まさに
レッズの「ホームタウン」です。

CA3C0661.jpg

こういう、公共の照明塔にぶら下がってるバナーだと
まだ、他の街にもこういう風景はあると思いますが
浦和が違うなと思うのは、小さな商店の軒先にも
こういうバナーやポスターがそれこそ、その店にも
張ってあるんですよね、ガムテープとかでwまさに手作り。
こういう草の根の力ってのが大事だと思うんです。

広島も、市民球場にサンフがきたら、紙屋町や本通りという
繁華街が今まで以上に赤と紫に染まるんじゃないかと
夢見るわけです。

最近私、こういうメガネをかけていまして

CA3C0662.jpg

フレームの前面が紫、裏側が赤です。
最初は派手だなと思った(もらい物だったので)んですが
会社の上司も、別にいいんじゃない?といってくれまして
いまでは胸を張って会社へ、得意先へこのメガネで行っております。

いつか、広島の街がこのメガネのように赤と紫に染まる日を夢見て。


CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.05.11 *Mon

ライトスタンド

またまた、AFH応援団マスターNさんのところに、
広島市民球場跡地利用市民研究会のコイケさんから質問コメントが
寄せられました。AFH案の建築計画的な質問でしたので、私のほうで
回答させていただきたいと存じます。

ご質問はこのようなものでした。(改行を改めさせていただきました)

AFH案の疑問・不明瞭なところがとりあえず2点あると述べましたが、
もう一点ありました。追記させてください。
AFH案では、ライトスタンドを完全に撤去して新しい建築物を建てると
いうことになっていますが、可能かどうか、良いかどうか。

我々は、カープ関係の団体の集まりに出向いてライトスタンド保存の
計画と意義について話、議論してきました。彼らの一部と市議会議員
一名と我々で、市へ要望書とだしました。その後、我々は、独自調査の
保存のための構造提案書を作成し(私は以前建築設計事務所で働いて
いました、丹下健三の事務所でもアルバイトをしていました)
提出しています。

ライトスタンドには、カープのピッチャーが投げたブルペンがあり、
選手のロッカーがあり、津田プレートのあった柱も有ります。もちろん、
カープファン、応援団の聖地でもあります。そういった、思いと物語が
ぎっしりと詰まったライトスタンドを解体することは、ありなのか。
彼らからは、津田プレートのあった柱にレプリカを貼って触れるように
して欲しいなど、具体的な要望も出てきています。

1)もちろん、我々が行ったようなシンポジウムをAFHさんで企画して頂き、
 オープンにその件について議論して、ライトスタンドを壊してサッカー場の
 ための新しい建築物のほうがいいんだ、ということを述べてもらい、
 我々が納得できること。私は全力で戦いますが。
 カープの物語と市民の想いをなんとしても守りたい。

2)市へも上記のようなことを説明して、市を納得させること。

3)市議会も球場保存のための予算だけは認めているように、市議会も
  納得させること。

4)我々が、説明にいったカープ関係の各団体はもちろん、新聞テレビで
  ライトスタンド保存は出ていますので、「ライトスタンドの保存撤回」と
  メディアに出るくらい活動して市民に認知してもらうこと。納得してもらうこと。

もちろん耐震診断によっては、難しいこともありうるので心配です。それは、
内野側も同じことで、特に、2階席を保存活用する場合特に。例えば35年使う
として、築85年の建物となります。一部ピン構造の部分もあり、大地震時に
モーメントで根元が破損して、崩れて、観戦中の大惨事にならないといえるのか
どうか。補強は必要でしょうが。我々が内野側を残す案は、2階席は使用しない
案となっています。それも難しいのですが。


コイケ氏の強い純粋な想いが伝わってくる質問文ですね、というか、一部
AFHへの要望文的にも見えます。そんなに、真正面からライトスタンドを壊したい
と言ってるわけではないのですが(苦笑)

そもそも、市がライトスタンドを残すと言っているのは、そこに意味があるから
ではなく、彼らの計画に「一番邪魔にならないから」だと考えていると思っています。
基本的には我々の要望は跡地利用計画の抜本的見直しですので、
いままで市がライトスタンドを残すと言ってるのに対し、それを壊してまで
サッカースタジアム改修を主張することを市と議会と市民の皆さんに説得する
というステップは、少し違和感があります。そこまでオーソライズされている
問題とは少なくとも私は考えていません。

そもそも、もともと私が入る前、AFHの皆さんが考えていた計画案は
いまの計画とフィールドの向きが90度違っていて、横長のフィールド、
そして、ライトスタンドは保存するという案でした。
(この案は構想委員会のKOPさんの原案です)
球場跡地案1



これに対して、私が90度回転した理由は次の通りです。
1.外野スタンドが目視してもわかるくらいコンクリートの劣化が予想され
 (これはのちにその原因と思われることも判明しました)
 部分再活用のための耐震補強にかなりのコストが必要となるおそれが
 考えられたため、痛みの激しそうな外野は全面解体、築年の浅い
 新耐震基準を満たす内野2階席を含め、内野スタンドは全面保存という
 形がコスト的にも、構造的にももっともリーズナブルと考えたこと。
2.その場合フィールドを南北にするか東西にするかのチョイスで、私は
  丹下先生の平和の軸線を公園として残したいと考えたので、そうすると
  東西に長いフィールド配置は平和の軸線と干渉してしまう
  そのため、フィールドの方向を南北としたい
3.当初問題とされた、回遊性が、相生通り側から北への動線確保の
  ことと考えた場合、フィールドの東西配置は正面側の閉鎖性が高くなり
  商工会議所が残った場合の動線確保が難しいと考えた

球状跡地171


これが私がこの配置を選択した理由です。あと一つ言うとすれば
「私自身、市民球場でよく野球を見たのがバックスクリーンのすこし
 レフト側、昔山本浩二の応援団がいたあたりで、自身にあまり
 ライトスタンドへの思い入れがなかったため」というのもあるかもしれません。

まあ、実際はこのような考察プロセスにより、作った案なのですが、
今の計画のなかで、ライトスタンドの保存が100%無理なのかと言うと
そうではないと思います。

一番簡単なのは90度元にもどす、というのはあります。でも、そうすると
ピースヒル構想あたりが全て壊れてしまう。これは我々の主張的には
おそらく引くことのできない部分だと思います。

では今の配置で、ライトスタンドを残すことはできるか?
答えは「Yes, We Can」です。いろいろ条件はあります。
一番の問題はコイケさんも懸念してる外野スタンドの躯体の老朽化状況です。
それがクリアできるとすれば、まさに保存すべき部分を補強し
そしてフィールドにあたっている部分を最低限だけ取り壊す。
確認申請的には負の増築で確認申請が必要となり、それなり必要な
補強が出てくるでしょう、正直コストは試算できません。でも不可能
ではありません。もともと市も部分保存で考えていますから、コストは
同様です。

要は、↓この案に戻し、アウェイスタンドを保存ライトスタンドにリプレイスします。
121
(すみません、ちょっと手を動かす時間がなくて、リプレイスした絵まではかけませんでした
 でも、想像はできますよね)


問題があるとすれば、「ラグビーは難しくなる」というところでしょうか。
あと、これは心情的なものですが、「元カープの聖地をアウェイスタンドにしていいのか?」
というところですね。私はちょっと、いやかなり抵抗があります。
そうすると、北側をホームにして、南側をアウェイにする?うーーん、それは
難しいだろうなと思います。(昔一時、アウェイ客を平和施設に呼び込むためにも
南側アウェイは面白いかも、と提案したときがありましたが、サポーターおよび
クラブの理解はおそらく得られないだろうなと思います)

ということで、「やってできないことはないんだけど、とにかく課題が多い。
現実的にすり合わせが可能かどうかと言われると、即答はできない。
それも含めて真剣な論議が必要」というところでしょうか。

ちなみに、最後の質問の段落にある構造的な項目については、
2階増築時の構造設計者の論文が建築雑誌に寄稿されている資料があり
その部分を読んでいただければ、ご懸念部分は払拭できると思います。
これはコイケさんに直接記事のコピーをお送りしようと思います。
簡単に言えば、内野2階席は安全でまだまだ使えるということです。

今回の記事はちょっと長々と書きすぎましたかね。どうもすみません。
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.05.07 *Thu

ご質問へのご回答

マスターさんのブログに、FFのシンポの主催者のお一人のコイケさんから
質問がありました。

あくまで、AFHの回答、というものではなく、私自身の考えとして
まとめておきたいなと思います。

1点目は、
商工会議所の現在敷地内移転は、実現性があるかどうか。
商工会議所はなんて言っていますか。


商工会議所の扱いは、今のところ保留にしています。
いろいろなパターンは考えていますが。

1.現在のまま
2.現在の敷地(+裏の駐車場)で低層に建替え
3.跡地敷地のどこかに移設
4.跡地敷地外に移設

どれに決まっても、AFH案には影響はないようにと考えていますが
3.で市の言う場所に移転するときだけは影響がでます。
で、当然AFHはただの市民団体ですから、商工会議所の
意見も聞いてはいません。いや、お聞きする機会ができるのなら
是非お聞きしたいとは思っていますが。

私の考えだけで申しますと
「今の位置にいて、問題あるのかな」というのが率直な感想です。
平和公園側から見てドームの向こうに黒い建物やPLの文字があるのって
原風景というか、もうそういうものだと思っていましたし、
そもそも、「負の遺産」で「平和を祈念する」のに「ビルが邪魔」
なんてことがあるのでしょうか。ビルがあったら平和を祈れない?
ありのままでいいんじゃないでしょうかね。
そもそも、原爆落とされる前から商工会議所はあそこにいたんですよ。
バッファーゾーンの考え方とか、なんか勘違いしてないかなと正直
思います。ユネスコから公式に問題があるというステートメントがあったなら
別ですが、(それでも、問題ないと言い張る市長でいてほしいのが本音)
まず、移転の必要がほんとにあるのか、あんな大金を出してですよ。

そして、移転するにしても、そんな大通りに面する場所じゃないといけないのか
そもそも規模として、今の規模を維持するのか、貸室機能はいらないんじゃないか
もっと、防災機能とか必要な機能を洗い出して、あるべき場所を検討する
べきじゃないか、それをしないなら、今の場所でいいのでは?
というのが私の意見です。

でも、もし動くとすればとして提案しているのは、武道場の上です。
武道場をこわさないで、武道場の上に6本足くらいでまたいで基礎を作り
その上に柱頭免震をかまして防災ビルを建てて、そのなかに
商工会議所を入れるというのはどうでしょうか。技術的には十分可能です。


2点目は、
市が跡地利用の方向性に沿って進めてきており、市が受け取れるそれに沿った
プランとして案を出すのか、市の方向性と進め方の根本から否定して際コンペなどに
もちこむのか。後者ならば、過去の蓄積に立ち戻り否定するところあたりから全力で
やる必要があり、結構大変そうでし、時間ががかりすぎても批判がでるでしょう。


正直に申しますと、「落としどころ」論議はあまりにデリケートで、ここで
私の私論を申し上げるのは時期尚早だと思っております。
言い訳しますと、どう落とすかということは、ここ数ヶ月ずっと考えており
直接あってのお話であれば、片手以上の案をご提示できます。
しかし、それらはどれも、どこかで妥協したり、どこかに無理強いをしたり
ということがどうしても発生してしまうために、これまで、いろいろな
思いの元にAFHに賛同いただいてきた皆さんに対してどこかしらで
不信感を与えかねない、混乱を与えかねないものになってしまうと
思うのです。

これは逆に言うとAFHがそれだけ深く具体的に案を作り上げているために
どうしても起こってしまう問題でもあると考えています。
しかしAFHも100かゼロかという視点でしかものを考えないという
わけでもないですし、どこかで、いろいろな団体、もしくは市当局と
その折り合える点について話し合うフェイズが出てくるのかもしれません。
市がそういうスタンスを示さないなら、我々は徹底的に全面方向転換
国際コンペを議会とともに訴えていかなければいけないでしょうし
歩み寄る姿勢が市にあるのなら、我々も最低限どこまで歩み寄れるのか
それをAFH内で論議し、支援者に説明した後に市と折衝する義務がある
と思います。

どちらにしても、AFHの基本姿勢はAFHの総会なりの公式の決定機関で
決定すべきものですし、私がどうこう言うことではないのですが、
とにかくデリケートで即答できないであろう、という回答です。

でも、さきほど言った私の頭とパソコンの中にある片手以上の案の中には
コイケ氏を含め、多少現状AFHと違うスタンスで主張されている皆さんにも
きっとご同意いただけるであろう案もあることは申し上げておきます。
平行線ではなくどこかに焦点があう話し合いが今後できればいいと思います。

CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.05.07 *Thu

長く使う、ということ

フラワーフェスティバルのミニシンポは、まあ、賛否両論のようです。
しかし、およそ10人集まれば10人が同じ意見を言うとはとても
思えない、跡地問題ですから、どんどん論争すればいいと思います。
しかし、イベントにそんなに依存していいのかはやっぱり疑問ですね。
何もないところに仮設で施設を作ってやるのがイベントですから
逆に言うと、主催者や行政の都合でいつでもやーめたになってしまう
そういう種類のものだと思ったほうがいいでしょう。

そこにそれほど賑わいの主役として信頼が置けるんでしょうかね?
広島の都市の規模、経済規模に見合ったイベントを継続的に
やっていくなら、AFHの案の球場正面広場や、ピースヒル、仮設劇場予定地
などで、十分用は足りると思います。
球状跡地171

ところで、週末私は東京でわりと最近話題になっている
「D&Department」というところにいってきました。

ここは古いビルをリノベーションして、インテリアショップとカフェにしています。

top.jpg

ほんと、古いなんてことない、その辺にありそうなビルの中を
内装を落として白いペンキで塗って、センスのいい家具を置いただけ
そんな空間なんですけどね、とてもいいんです。

D+.jpg

この2階はインテリアショップになっているんですが、コンセプトがなんでも
「新しいものは作らない」だそうで

メインは日本の家具メーカーのロングライフデザインの名品の復刻版。
カリモク・ホウトク・天童木工などの有名な日本の家具メーカーの
名もない、しかし使い勝手のいい名品を取り扱っています。
たとえば、幼稚園・小学校の小さい子用の椅子、クロームパイプと
合板の座面・背板、だれもの記憶にあるでしょう。
あんなものを普通に売ってます(2500円くらいだったかな?)

下のカフェの椅子・テーブルのセットもカリモクの復刻版
このちょっと無骨なインテリアデザインにとてもよくあうんですよね。
インテリアってのは新しいのがいいってんじゃなくて、本当に
センスとバランスと統一感なんだなとしみじみ思いました。
(あと、照明とサインかな)

ここはおもしろくて無印良品の製品の中古買取・販売とかもやってて
いいものを長く使おうという精神にあふれていました。

フラワーフェスティバルでのシンポジウムでは賑わいの話は盛り上がったけど
既存保存をふくめて、環境の話とか、いいものを残そうとか
そういう話はスルーされていたと聞いて少し悲しかったです。

このD&Departmentのデザイナーたちに市民球場のリノベーションを
任せたら、どんな感じになるんでしょうか、すごく期待できます。
それだけじゃなく、たとえばゲート一つ一つ違うデザイナーにやらせても
面白くないですか?コンペやってもいいですよね。
ゲート一つ一つにスポンサーをつけて、ネーミングライツにして、
そのお金でデザイナーにリノベーションさせてもいいでしょう。

ロンドンでは発電所が、パリでは駅舎が美術館になっています。

原爆というなの「徹底的破壊」を経験している広島だからこそ
「いいものを長く使う」ことにこだわってほしいです。
それこそが新時代の街づくりになると思いませんか?




CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

2009.05.02 *Sat

ナゴヤ球場

このGWは広島に帰省せず、嫁実家の名古屋に来ております。
名古屋といえばこんなニュースがありました。

昨年60周年のナゴヤ球場が文化財登録へ

中日の2軍本拠地ナゴヤ球場。かつての竜の聖地が“永久保存”される  中日の2軍本拠地ナゴヤ球場が国の「登録有形文化財」として登録を受ける準備を進めていることが9日、分かった。西川順之助球団社長(76)が「球団に打診がきた。申請の準備を進めている」と話した。野球場が登録されれば初めてのケース。老朽化が進む同球場は大幅改築がしづらくなり、時代の波に流されることなく原則として現状のまま保存される。

 「登録有形文化財」とは文化的価値があり保存することが望ましい物件を文部科学大臣が文化財登録原簿に登録するもの。都市開発などにより消滅の危機にさらされている建造物を後世に継承していくためにつくられた。申請条件は築50年以上で、球団関係者によれば昨年60周年を迎えたナゴヤ球場に対して文化庁から打診があったという。ナゴヤドームとナゴヤ球場を運営する「株式会社ナゴヤドーム」は手続きを進めているとみられ、3月にも正式決定する見通しだ。


いまナゴヤ球場ってどんなになってんのかなと思い、いってきました。

CA3C0601.jpg

一番近い駅、尾頭橋駅です。名古屋駅から1駅ですがJRAの駅で有名で
お世辞にも品のいい街とはいえません。


CA3C0602.jpg


2分も歩くと球場のネットのポールが見えてきます。静かです。
2軍の本拠地になっても、賑わいってのはどうなのか。。。疑問があります。

CA3C0604.jpg

周りは公園になってます。昔は広大な駐車場があったと聞いています。
駐車場が公園になったのかな?市民が草野球してました。
市民のための緑地になったわけですが、やっぱり賑わいは「?」です。

CA3C0607.jpg

これが正面です。2軍の試合がない日だったので中までは
入れませんでした。

正直もう少し期待していったのですが、これが正面かと思う位です。
これでも、登録有形文化財です。身内贔屓をなくしても、
これで文化財なら、旧市民球場は国宝かとw
築年数がこちらのほうが古いのはわかりますが、建物の
デザイン価値も含めて、圧倒的に違うと思います。

CA3C0610.jpg

裏まで一周回ってみました。
驚きなのは、こんなに民家が近接してるんですね。
部分解体した外野スタンドはやっぱり使用できない感じでした。
でも、建物自体のコンクリート躯体は全然痛んでなく健全でしたよ。

名古屋の人たちはとても「もったいない」という価値観を
大事にすると思います。そういうのが、この球場の保存に
つながってる部分はあるのではないかと思います。
当然、土地・建物の所有が、名古屋は球団(というか中日新聞?)が
おそらく持っているので、その辺、市民球場と完全に同等には
見られないとは思いますが、しかしそれでも、この球場を残す名古屋市民に対し
広島市民は、旧市民球場を壊して公園にすることを胸を張って誇りに思えるか
そんな風に感じました。

CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



05
--
1
3
4
5
6
8
9
10
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。