--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.28 *Thu

五輪とかいろいろ雑感

前回ヘビーな記事を片付けまして、身軽になれました(笑)
色々書きたいことはあったんですが、とりあえずあれを片付けてと
思っていたもので、延び延びになってしまったわけです。
人事異動で配属される部署は今までにも増して忙しそうなんで
書けるときに書いて置かないとと思い、いろいろ書いてみたいと思います。

まずはサンフレッチェのサポカン、出られた方から色々出た話を聞いています。
内容はやっぱり公式を待った方がいいでしょうが、たしかに、私の前回記事に
関連するような内容がいくつかあったようですね。

フロントとサポーターの関係がいまのところうまくいっているので、サポカンも
基本的には雰囲気もよくという感じだったようです。それがなによりです。
スタジアムのことは、サポカンでの言葉はあまり期待してません(笑)
クラブの立場はわかっているつもりです。

ただ、ここのところ思うのは、自治体に意見を表明することは必要と思いますし
ある範囲での批評も健全な市政との付き合い方として必要だと思いますが、
できれば、ともすると市政に対して喧嘩腰になりたくなる気持ちをグッと
押さえてあくまで冷静に、いかに相手が論理的でないとしても、こちらは
論理を失わないで立ち振る舞う必要があるなということです。
実際に市内在住で市政の如何で直接影響を受ける人たちは、ある程度
感情的になっても仕方ないと思いますが、私はできるだけ冷静にと心がけます。
以前の記事でも反省すべき言葉づかいがあったこと、改めてお詫びいたします。

そしてオリンピックについて、長崎が降りてそれでも広島単独で、という感じで
誘致活動は継続されるようです。ただ、まだその実態が見えてこないのは
やはり施設計画等についてコンセプトすらみえてきてないからだと思います。

施設計画に関しての新聞記事としてあったのはこれくらいでしょうか。

五輪施設計画の試案策定へ '09/12/25

 2020年夏季五輪招致を検討する広島市の秋葉忠利市長は24日の記者会見で、競技会場を中心にした施設計画の試案づくりを急ぐ考えを示した。25日に訪問する日本オリンピック委員会(JOC)との関係について「理解と協力は不可欠だ」と述べた。

 12日にあった招致検討委の会合(出席23自治体)では、現有施設の活用で財政負担の軽減を図る基本方針を確認している。会見で秋葉市長は「各自治体が持つ施設をどう活用できるかなどの観点から、試案策定に取り組みたい」と明言。次回会合に向け具体化を急ぐ姿勢をみせた。

 東京のJOCには長崎市の田上富久市長と訪問し、竹田恒和会長たちと面会する予定。秋葉市長は「開催実現に一歩でも近づける助言がいただければありがたい」と期待した。


これを読む限りですと、検討委員会に参加している自治体の既存施設を含めた、
既存の運動施設をできる限り改修や仮設等で五輪対応にして乗り切るという
方針が見えます。

しかし、これでは、最近IOCが特に重視している「コンパクトな五輪」と
いうものは難しそうです。すると今度必要になってくるのは交通インフラと
なります。この部分でIOCに満足のいく回答をだせるのかが非常に難しい
のではないかと思うのです。

なぜコンパクトさにこだわるか、それは世界のアスリートや観客ができるだけ
近い同じ場所にいることで交流が生まれる、そこにスポーツの祭典である
五輪の意義があるからで、競技場が離れると選手も観客もはやめに選手村や
ホテルをでなければならず、それでは十分な交流の時間がとれないというのが
理由だと思います。こういう意味で、各地方自治体に声をかけ、それらの
自治体での競技開催を検討することは、本当に五輪の主旨に沿っているのか
という大きな疑問があるのです。

平和五輪というコンセプトのさらに上位にあるものを掲げて各自治体の賛同を
得ること自体をどうこう言う気はないのですが、その結果として開催地の
分散化という方向性を持つのはやはりスポーツの観点を失っているから
でないかと危惧します。

さらに既存の施設を利用するということには、さらに多くの検討項目が眠って
います。五輪施設にIOCが求めるものは多岐に渡ると思います。私は市民球場の
サッカー場への改修の案を作るにあたり、先行して研究されていたKOP氏と
意見交換しながら、その施設整備についていろいろ調べながら作ったのですが、
正直しんどい作業でした。施設基準が全く違うからです。

おそらく国体や広島の場合アジア大会のために作られた競技施設をIOCの謳う
基準をみたすものに変えていくことが簡単なことにはとても思えません。
まだ屋外施設で周囲に空地のある競技場はやりようがあると思いますが、
屋内施設は非常に難しい部分があるでしょう。

そして最後にやはり問題になるのはメイン会場です。わたしはビッグアーチの
改修で可能とはとても思えません。そしてビッグアーチは思いのほか周囲に
余裕がありません。8万とか10万とかいうメインスタジアムに改修するのは
とても困難だと思います。
(これは今後具体的に図面化して説明したいと思います)

すると、あとはメインスタジアム、選手村、メディアセンター、主要屋内施設を
含めたメイン会場を新設するということになりますが、これまた場所がない。
ロンドン五輪のメイン会場はこんな感じのようです。
このストラトフォードのメイン会場、Google Mapで確認すると、吉島のある
三角州まるまる一つくらいのボリュームがあります。

stratford.jpg


東京の誘致活動のときの晴海のスタジアム、有明の選手村、築地のメディア
センターというボリュームをみても、ほとんど同じ程度の面積規模がとれる
場所は広島に現状ありません。
(そりゃそうだ、サッカー専スタ程度でも空き地がないのに。。。)

すると、もうお金をかけて山を削るか、海を埋め立てるかということになり
ますが、どうも海の埋め立てについても、IOCはいろいろおっしゃるようで、
東京の晴海の会場は、三方海に囲まれている場所性が憂慮され、運河を一つ
埋め立てて潰すよう、IOCから意見が出たそうです。まあ、たしかに三方四方
海に囲まれた土地は、橋をいくつかテロリストに占拠されたら、10万人の
人質がとれるわけで、セキュリティ的にはまずいのでしょう。こういう感じで、
五輪の施設計画ってのはほんと、一筋縄でいかないんです。

ただ、わたしは市長はすべてわかってやってるんだろうなと思いますよ。
わたしの思ってたことはすべてこの人にかかれましたが(笑)
まあ、選挙も近いことですしね。あ、自重するんでしたね、ははは。。。

stadium-sunset.jpg

スポンサーサイト
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。