--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.31 *Wed

2008年を振り返り

2008last

球場視察の記録を年内にと思ったんですが
なんだかんだと時間をとられ大晦日になってしまいました。
一応冬休み中にやるということに下方修正。

大晦日なので2008年の振り返り。

とにもかくにもAll For Hiroshimaとの出会いが全てといって
過言ではないでしょう。
はじめにKOPさんの専用スタジアム構想委員会と出会い
なんとなく本スレに書き込んだレスからこんな風になって
ブログなんて何度もトライしてまともに続いたこともなかったのに
こうやって著名なブロガーのみなさんと肩を並べて
さっかりんに名前を連ねるなんてまったく想像していませんでした。

とにかくAll For Hiroshimaについては
1.広島のみんなの情熱がすごい
2.KOPさんの構想力がすごい
3.後から加わった皆さんの行動力がすごい
ということで、まあ、私の描いた絵はほんと、その
ちょっとした手助けに過ぎないと思っています。

しかしそれでも、賛同してくれる人がいて
情熱的に粘り強く普及宣伝活動してくれる人がいて
卓越した知識力でリサーチをしてくれる人がいて
その中で、凝り固まっていたはずの現行プランが
風向きも変わり、緩んできそうな予感があります。

市の計画発表延期も報道による理由だけではないでしょう。
そして、県サッカー連盟が動き始めてくれました。
クラブのほうもこちらを向いてくれ始めています。
(そうでもなければ、サポカンで名指しで言及してはくれません)
ロビー活動も着実に結実し始めており2月議会は大きな山場に
なりそうです。
また他方で市への「太陽政策」的な動きもでているそうです。
どちらにしても、この激変した不況の時代に、何ができるか
冷静に議論をしたとき、そこに最終的に残る案は絶対に
現球場を取り壊すという結論ではないことは断言できます。

とにかく議論のテーブルに持ち込んでもらうこと、
そこを今は広島のスタッフががんばってくれています。
あとは、議論のテーブルについたときに以下の項目について
答えを用意しておくこと、これが後方支援部隊の役割と
考えています。

1.専用スタジアムとしたときの収支予測(クラブ・市)の詳細検討
2.回遊性に対する回答としての「PeaceHill」のビジュアル化
3.稼働率への回答としての有効活用企画案

1.は広島で専門知識のある人にまとめていただく方向です
2.は責任を持って私がやります。

で、3.について、このサイトをごらん頂いている皆さんも含めて
みんなで考えていきたいのです。案はあればあるほどいい。
市民をあきさせない企画を3年分蓄積しておけば文句はないはずです。

とにかく来年の前半が本当の正念場になりそうです。
皆様、来年もよろしくおねがいいたします。



スポンサーサイト
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。