--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.02 *Mon

アイデンティティ

ふぁさーど

昨日の記事に対して、お二人の方からコメントを頂きました。
お一人は、「よそもの」発言を「あんまりだ」とご叱責されました。
「言いすぎでしょう、メッ!」というふうに受け取りました。

そしてもう一人のお方は、「アイデンティティ」という言葉をつかわれ
「よそもの」発言にご賛同いただきました。

どちらにせよ、一昨日の記事の拍手数と昨日の拍手数の違いが
今回の記事に対する反応の難しさを示していると思います。

ただ、今回の皆さんのご反応はある程度予測して書いたものです。
決して勢いに任せて書いたものではありません。
訴えたいのは「スレ住民」さんのおっしゃられた『アイデンティティ』です。

私は広島の街を離れてもう22年になります。わたしもある意味よそものです。
よそものが広島のことをうだうだ語っているのです。それは自覚しています。
しかしこれだけは自信を持って言えますアイデンティティは広島にあると。

逆に広島を離れれば離れるほどそのアイデンティティへの執着は大きくなります。
つかみどころのないほど巨大な大都会や、頼る知り合いもいない初めての場所に
居を構えるたびに、このアイデンティティを痛感してきました。
また「広島出身」ということで知り合いができ、心細さを紛らわせることもできました。
まさに、そこには「ヒロシマ」や「お好み焼き」と同等に「カープ」「市民球場」が
あったのです、アイデンティティの一部として。

子供のころからカープファンで、1975年初優勝や80年代前半の全盛期を経験した
人の心にある市民球場と、1986年から仕事で広島にやってきた人の市民球場には
アイデンティティと部分で大きな違いがある、それが特に今回よくわかりました。

外にいて広島を思う自分と広島にいて外を思う市長の違いがよくわかりました。

「どこまでも絶対に相容れない」と。

ちなみに今回のこのセリフ

典型的な例が、スポーツ施設です。一般的には、野球場やサッカー場は
「集客装置」だと考えられていますが、具体的に数字を挙げて考えると
全く違った姿が浮んでくるからです。


昨年は「最終年」でしたので例外だったのですが、それ以前、市民球場の
入場者数は一年間に約80万人から100万人ほどでした。


カープの試合のあるのは年間、約60日間。その間の数字です。問題は、
残りの300日間です。コンクリートの高い壁に阻まれて、市民は球場内に
入ることができない日の方が圧倒的に多いのです


これをなぜ市民球場の移転問題のときに彼は言わなかったのでしょう。
逆に、この考え方が正しいと思われるなら、あのときに言えましたか?
と質問してみたい。だから、市民球場はヤード跡地に移ってほしいのですと
カープファン全員の目を見て言えましたか、と。
だから、「カープファンを怒りの声を上げるべきだ」と申したのです。

ちなみに、市長の言うように、魅力的なイベントを持ってくれば
緑地公園でも素晴らしい賑わいの場にできる、というなら
なぜ、中央公園はいま、そうなってないのでしょうね?
それができるなら、市長に就任して10年間、なぜ中央公園で
やらなかったのでしょうか。

コンペの審査委員の方にこのような発言をされた方がいます。

美しい魅力的な緑地・公園ができれば、150万人はすぐに集まる。
(第3回検討会議 会議要旨 より)

是非、この素晴らしい発言を頂いた先生に再度、今回の市の案で
150万人を集める方法を具体的に教示いただきたいと思います。
市長様も意見を挟めないほどの素晴らしい意見を出される先生がたですから
さぞかし有意義なご助言を市民にいただけるに違いありませんよね。

スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類 | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

COMMENT

2月1日付けの記事への中途半端なコメント、大変失礼致しました。
私自身の過去、様々な土地での経験等もあって、あのような表現になりました。私は、すた熊さんが広島市外に住んでおられるからといって、「よそもの」と思ったことはありません。というか、このことに限りませんが、私の中には「よそもの」という考え方を持ちたくないという気持ちが強いんです。これを説明しようとすると、超大作を書かないといけないし、私という平凡な人間の「これまで」など意味のないことなのではしょりますが、私がお伝えしたかったことは、すた熊さんが描かれたビーススタジアムを取り囲むさまざまなアイディア、この素晴らしいピースヒル構想と「よそもの」という考え方は対極をなすものだ、と感じたということです。市長や、市の対応に立腹されることはあるでしょう、「俺は怒っているんだ!」とお伝えになるお気持ちと「お前らはよそものだから、俺たちの気持ちなんか分からないだろう」というのは少し違うと思ったのです。
言葉が足らず、失礼に当たったこと、ご容赦下さい。
2009/02/03(火) 19:25:29 | URL | obaaba #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。