--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.08 *Sun

隔世の感あり

東京中央郵便局再開発 保存拡大なら容認 総務相軟化 経営に配慮?

今回の東京中央郵便局の問題、まさに隔世の感ありです。

私は大学時代、近代建築史の研究室に学び、当時の学友と
建築における保存の問題でまさに喧々諤々議論を戦わせた
そんな時代を今省みても、そのときの保存はほとんど
様式建築、つまりクラシカルな意匠の近代建築の名作についての
議論がほとんどでした。

丸の内で言うと明治生命館
t05-1.jpg

こういう戦前の名作ですら、その保存については議論が多数あり
当然建築史の立場としては全面保存を訴えるわけですが
デザイナーからはファサード保存、つまり表面一皮を保存し
あとの残りは新築、というやりかた、今では一般化していますが
そのころは始まったばかりで異論反論も多かったと記憶しています。

そして、ファサード保存や一部保存の手法もだんだん洗練されて
様式建築の保存手法はもはや論じられることもないくらい
一般化し、社会になじんできていると思います。

しかし、今回話題に上がっている東京中央郵便局は以下の2点で
今までのものと違っていると考えています。
1.様式建築でなくモダニズム建築であること
2.さほど有名な建築家の作品ではないこと

t04-1.jpg

建築史をかじった人なら「逓信建築」とよばれるモダニズム庁舎建築については
よく知っている方もおられるでしょう。しかしその代表は京都タワーや聖橋で有名な
山田守氏であり、この建物はさほど有名ではない吉田鉄郎氏の作品です。

この作品でも日本建築学会から保存要望書が出ていたのは、勉強不足でしたが
軽い驚きでした。名作とは思っていましたが、このタイプはなかなか保存の理解は
得られないと思っていたからです。

それがいまや時代の寵児^^; 少し生臭い動機にも思えますが
あそこまでの大騒ぎになるとはまさに隔世の感です。

しかし、これが保存論議に上がるなら、広島市民球場内野スタンドも
保存論議に上がってしかるべきな歴史的・意匠的価値は間違いなく
持っていると私は思います。

modern1

設計者の石本喜久治はモダニズムの大家の一人ですし
現役で残っている球場建築のなかでは五指に入る歴史があります。
そして、このデザイン、シャープなモダニズム表現は保存の意味が
あると思います。

この流れ、追い風になって欲しいですね。

スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

COMMENT

初めましてと質問です。
初めまして、ふがじんと申します。
マスターNさんのブログから訪問させていただきました。

私も今の広島市の跡地利用案には反対の立場で、スタ熊さんのブログをざっとではありますが大変興味深く読ませていただきました。

2点ほど質問をさせてください。
現在、広島の郷土資料館では「広島市民球場の記憶」という企画展が開催されています。そのなかで完成時の市民球場とその後の数度の増築時の写真があるのですが、その写真では内野席も玄関部以外の1、3塁側の下部は外野同様に外側が石積の壁になっています。これは現在もそうなのでしょうか?

2点目は専スタ案では西側が水路になっていますがこの位置は元々広島城の中掘があった場所ですが、それを意識されているのでしょうか?

お忙しいとは思いますが、回答を頂ければ幸いです。
2009/03/09(月) 00:00:37 | URL | ふがじん #- [Edit
ふがじんさんまでお出でで,あちこちで皆さんが繋がって行かれる様子に軽く感動を覚えています。

体調不良にあわせ,年度末で身辺慌ただしく,なかなか,先日コイケさんと市の担当の方にお会いした顛末をまとめて書くことができずにいます。小出しに書くと誤解を巻き起こしかねない気もして。なので、詳しいことは近いうちに直メールさせて頂こうと思ったりもしています。お仕事もお忙しいようですし、ご迷惑かもしれませんが、、


2009/03/09(月) 10:56:53 | URL | obaaba #- [Edit
ふがじん様、コメントありがとうございました。
内野席下部の石垣は、私が見て回った限りにおいては
内外野境の旧ブルペン付近に一部残っている以外は
発見できませんでした。スタンドの下部は
コンクリートの構造体のようでした。
想像ですが、2階席増築時の工事で何らかの理由で
コンクリート壁に置き換えたのではないでしょうか。
すべてを見て回れたわけではなく、鍵がかかっていた
ところは当然入れませんでしたので、断言はできません。

もし、石垣が残っていたとして、それだけで構造的に
問題と言うわけではありません。
石垣の上に構造体を築造しても、石垣の構造の安全性さえ
検討で担保できれば、建築基準法上も可能です。
ただ、石垣自体横揺れには弱い構造なので、新耐震基準的には
NGであり補強が必要な可能性が高いと考えます。

広島城の中堀の件は初耳です。まったく意識していませんでした。
ただ、単純な緑地では動きも憩いも創出できないとおもい
小さなビオトープのような小川を作りたいと思った次第です。

ただ、土地にはもともとの地歴に裏付けられた目に見えない
力があるというのはよく言われており、その力に引き寄せられ
無意識に水を描いたのかもしれません。
これは「地霊(ゲニウスロキ)」といわれています。
(参照:「東京の地霊」鈴木博之著)
市の案からは、このような雰囲気はどうも感じません。

obaabaさん
お久しぶりです。自然に人のつながりができるのは
よいことですね。お体にご自愛ください。
ではでは
2009/03/09(月) 18:28:16 | URL | スタ熊 #tIzNQ2cE [Edit
球場エントランスファサード
はじめまして。
obaabaさんの話で出てくるコイケと申します。
私も学生時代は建築史研究室にいたので、スタ熊さんの話にうなずいているところです。
市民球場のエントランスファサードは、意匠的にも空間的にも大変素晴らしいもので、あれを超えるデザインは出てこないとみています。市の案では、NTT都市開発があの辺りにガラスの薄っぺらい建物を建てることになっていますが、最悪です。また、商工会議所の建物も意匠上期待できないでしょう。

ゲニウスロキにしろ、われわれの記憶や思い入れにしろ、あのファサードを含めた空間は、残すべきだた思っています。以前市へ出したの要望で、エントランスのあたりは51年前からの古いのならばせめてファサード(+ワンスパン分)を残して欲しいと要望してきました。
保存に金がかかることや、商工会議所が全くその気がないからか、その件は現在全く俎上に上がっていない状態です。何とかしたいものです。

このブログは、過ぎているので、見てもらえないのかな。
コイケブログ:http://ameblo.jp/syubun
2009/03/11(水) 22:04:24 | URL | コイケ #- [Edit
コイケさん、コメントどうもありがとうございます。
建築史仲間なんですね。親近感がわきます。

シンポジウムやobaabaさんとの活動、など
耳にしております。熱心なご活動感服します。

あのファサード、残したいですね。
出来れば生きた形で残したいと思ってます。

これからもよろしくお願いいたします。

PS
会社をクビにならないように
離婚されないように。。。

これ、ツボにはまりました。私も全く一緒ですよ。
2009/03/13(金) 18:41:09 | URL | スタ熊 #tIzNQ2cE [Edit
こんばんは。

早速の御返事ありがとうございます。
そうですか、石積みの可能性は低いんですか。
だとすると、スタンド下部は内部の土も除去して構造物を新たに構築した事になりますね。それなら、1階スタンド上部の本当に部分的な補強で済みますね。
あと、「広島市民球場の記憶」展を見て気になったのが内野外周の通路って後付のルーバーが無ければ結構広いのでこれを嵩上げして内周通路と同じ高さにして通路の外側にエレベーターや階段を付ければ入出場の不便さはかなり解消するのではないでしょうか。この際、従来の階段、スロープは上部の開口部を塞いで売店やトイレに使い、1階の旧入場口は球場内施設に使えば、新たなスタンドの規模も縮小できるのではないかと素人なりに思います。

堀の件ですがこれ、ちょっと厄介な問題なんです。市民球場のある場所は埋蔵文化財包蔵地域(広島城遺跡)ですので、開発の際に何か出れば工事をストップして発掘調査をしなければなりません。この費用と期間が馬鹿になりません。

広島城のパンフレット
http://www.rijo-castle.jp/rijo/pdf/nihon.pdf

球場建設の際に掘り返されているので球場本体下からは出てもせいぜい井戸あ跡くらいでしょう。しかし、球場西側の堀跡は球状にかぶった部分でも下部は残っているでしょうし、場所によっては良好な状態である可能性が高いのです。
50年前の球場を保存・活用するのに400年前の城跡は破壊するのかという議論が必ず起きると思います。紙屋町地下街やアストラムライン建設の際にもそのようなことはありましたが、その時は開発のもたらす利便性のほうに重きを置く判断をしました。しかし、今回は公園としての開発です。どちらに転ぶにしてもかなりの時間を浪費するでしょう。であるならば、最初から堀を取り込むというのも一つの方策ではないでしょうか。なので、西側の小川は堀を意識したのかと聞いたのです。
2009/03/14(土) 00:01:11 | URL | ふがじん #- [Edit
こんばんは。

聞いてばかりなのも失礼なので確認してきました。
午前中は新球場へ午後から市民球場へ。
サンフレ開幕でもカープチケットでもなく何やってんでしょ私。

ええとですね、特に柵や鍵もなく下りられたので3塁側を確認したのですが
スタンド下は石垣でした。2階席増築時にいじったのは既存のスタンド部分にコンクリ版を付け足して前後の幅を広げただけのようです。
で、それがひび割れているというわけです。
2009/03/15(日) 19:35:23 | URL | ふがじん #- [Edit
ふがじんさん、リサーチどうもありがとうございました。
ふがじんさんの情報を元に再度平面図を見て、
おそらく石垣が残っている内野の部分を確認しました。
この部分の基礎の安全性に関しては、耐震診断で
確認する必要がありますね。
ただ、この部分は市の計画でも、一時残す部分となっていますので
市側の耐震診断で、チェックするはずだと思います。
今後の市の動きに注目ですね。

ではでは
2009/03/16(月) 23:59:00 | URL | スタ熊 #- [Edit
おはようございます。

石垣の写真をブログに上げました。
たわみ等は確認できませんでしたので、負荷はあまりかかってないようです。
あくまでも土留めではないかと思います。
2009/03/20(金) 10:34:47 | URL | ふがじん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。