--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.31 *Sun

サッカーの故郷

昨日のサンフレッチェの大勝はすごかったですね。
サンフはカズ・浩司、下田・アキがいないうえにマキが代表
今までであれば、普段のサッカーができないような状態でも
おかしくないのに、ここまでの大勝とは、層が厚くなってきた証拠です。
一誠も怪我から復帰してきましたし。昨日得点した横竹だけでなく
清水・岡本・橋内ら若手の成長も期待できます。
いや、本当にいいチームになってきました。

やっぱり、こういうチームのサッカーは間近で見たいものです。
以前西が丘で見たときの感想でも述べましたが、サンフのサッカーの魅力に
「そこをパスで通すか!」というものがあります。でも、その感覚って
ピッチに近いところで見ると魅力倍増なんですよね。
ペナルティエリアやバイタルの密集の中でショートパスをつないで
相手ディフェンスを崩すとこなんて、専スタの距離で見ると
もう病み付きになりますよ。保証します。

スタジアムというハードが、サッカーを2倍楽しく見せることができるのです。

サッカーの故郷、イングランドではこのことはよく理解されているとあって
素晴らしいサッカースタジアムがたくさんあるようです。行ってみたい!

そこで先日コメントいただいた通りがかりさんから、いくつかイングランドの
素晴らしいスタジアムの画像を頂きましたので紹介させていただきます。

まずはコメントの中にありましたスタンフォードブリッジ。
チェルシーの本拠地です。

CHELSEA.jpg

アーセナル戦でしょうか、おっしゃられるように、赤いアウェイサポが
バックスタンド1階に陣取っています。こういうのもあるんですねー。
あと、驚かされるのはスタンドの傾斜です。何度なんでしょうか、これは。
結構怖いと思うんですが、向こうの人は平気なんでしょうね。

次にサザンプトンという2部のクラブの本拠地だそうです

SOUTHAMPTON.jpg

SOUTHAMPTON2.jpg

2部で、これですよ。いやんなっちゃいますね(笑)
スタンドは単層でシンプルですが、外装はHi-Tecでかっこいいですね。
あと、感じるのは構造部材の細さ。耐震基準の緩い国はうらやましいです。

しかし、イングランドスタイルはスタンドが四周ぐるりとまわり、屋根も全周という
ところが多いんですが、芝は大丈夫なんですかね。
先日の大分のことを考えると、どうなのかなと思うんですが、
日本の南のほうはどうしても芝を二毛作(冬芝を夏芝の上にオーバーシード)
する必要があり、その端境期にコンディション不良が起こりやすいのにくらべて
イングランドは冬芝だけでいいんでしょうね、きっと。
日本の気候の巾の大きさが芝の育成の難しさになっているんでしょうね、

続いて、アーセナルの旧本拠地ハイバリーだそうです。

ARSENAL.jpg

2006年からはエミレーツスタジアムに移っていますから、
それ以前にとられたのですね。ハイバリーはマンションに
建て替えられるそうです。残念ですね。。。

ハイバリーといえば

800px-Arsenal_Stadium_Highbury_east_facade.jpg

このファサード、KOPさんの妄想スタジアムに引用されてましたねー。

そして最後にはウエストハムの本拠地だそうです。

WESTHAM.jpg

しかし、つくづく、うらやましいの一言です。

しかし、われわれの計画も負けてはいられません。

stadiumrenovationさんのイメージのように我々の市民球場もイギリス人に
「日本にも素晴らしいスタジアムがあるね!」といわれるように
夢に向かってがんばっていきましょう!

stadiumrenovation-82087.jpg

通りがかりさん、画像提供、どうもありがとうございました!!!



スポンサーサイト
CATEGORY : コラム | THEME : サッカー | GENRE : スポーツ

COMMENT

ありがとうございます
 画像をAFH経由でお渡しいたしました「通りがかり」です。こんなに大きく取り上げていただいてありがとうございます。(何度もコメントするなら、ちゃんとしたハンドルネームにしておけばよかった…。)
 イギリスでも小さなスタジアムでは四方を囲まれていない、各スタンドが独立したところも割とありますよ。でも、ほとんどの場合屋根は付いていますね。天候が変わりやすい気候の国だからかもしれませんが、うらやましい限りです。因みに、スタンドの下は広いパブのようになっていて、イギリス人たちは試合開始直前まで、わいわい言いながらビールを飲んでたりしています。
 間違えていたので、ひとつ訂正させてください。サウサンプトンは今年2部であるチャンピオンシップから降格し、来年度は3部にあたるリーグ1で戦うようです。サウサンプトンは名門チームなんですが、とても残念なことです。
 イギリスではどんな小さな街にもサッカーチームがあり、熱烈なファンがチームを支えています。もちろんチームの数だけサッカースタジアムもあります。100以上のプロチームしのぎを削るという裾野の広さがあるからこそ、その頂点は「プレミア」リーグなんでしょうね。
 広島はサウサンプトンなどより、よっぽどの大都市です。サンフレッチェという素晴らしいサッカーを見せてくれるチームもあります。観戦の魅力半減の陸上競技場などではなく、やはりサッカースタジアムの一つくらいあってもいいと思います。
2009/05/31(日) 14:16:00 | URL | 通りがかり #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/02(火) 23:29:37 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

スタ熊

Author:スタ熊



最新記事



最新コメント



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © All For Hiroshima応援ブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。